2006年05月30日

巨大ロシア雑貨1

sergiev_cobor01.gif


みなさまこんにちは。 こちらは新潟ロシア村・・・





ではありません。(似てるんですが)





ここはロシア。これは本物の教会。

しかも数十年前まではロシア正教の総本山だったという、由緒正しいトロイツェ・セルギエヴァ(聖セルギエフ三位一体)大修道院のウスペンスキー聖堂(1559-1585)です。
場所はモスクワから北へ70kmほど行ったところにあるセルギエフ・ポッサート(旧ザゴールスク)という街。

ところで、このようなロシアの古い聖堂を見ると、シュトはいつも思います。




この、わけのわからんかわいさはいったいなんなんだろう???




別にかわいいといけないということはないのですが、よく考えてみてください。

他の国の大聖堂とかだったら、もっとこう威圧的というか、神々しいというか、いかにも威厳がある感じに作ってあると思うんですよ。

だけどロシアの場合なんかちがう。
空想的というか、おとぎ話的なんですよね。はっきりいって現実味がぜんぜんない。ぱっと見ただけなら「アラビアンナイトのお城」とか連想する人も多いはず。


これらを作ったのは、いかめしい顔したひげぼーぼーの修道士たちであり、熊さんみたいなロシアの大工さんたちのはずなのに、なぜかこうメルヘンチックになってしまうから不思議。

とくにかわいいのは16世紀までにたてられた聖堂で、この修道院には他にも

こんなのとか

serugiev_troitcky01.gif
トロイツキー(聖三位一体)寺院(1422年)


こんなのとか

sergiev_raihaido.gif
ドゥホフスカヤ(精霊)聖堂(1476年)

あります。



ちなみに修道院の外観はこんな感じ(絵はがきより)

troitse_sergieva.jpg


またしてもディズニーランド状態ですが。。。

装飾がごてごてとしている建物は17世紀以降、西ヨーロッパの建築の影響を受けてからのものです。もともとのロシアの聖堂は白壁が基本でとってもシンプル。(城壁の手前にちょこちょこ建っているのもけっこう古いタイプだと思います)。


でですね、ロシア人のこのなにげにかわいいものをつくってしまう感覚って、今のロシア雑貨に相通ずるものがあると思うわけなんですよ。

だからロシアの聖堂をシュトは


巨大ロシア雑貨


と勝手に呼んだりしています。


・・・・・・

ちなみにセルギエフ・ポッサートの街は、ロシアの民芸品の一大産地だったりします。マトリョーシカの工房とか、木のおもちゃの学校とかあるそうです。
観光客もよく訪れる場所で、お店もたくさん出ています。(モスクワより安く買えますよ。)


sergiev_hofroma02.gif
ホフロマ塗り


sergiev_egg.jpg
卵型の置物。修道院の特徴を見事にとらえていて笑える。

・・・・・・

次回は巨大ロシア雑貨モスクワ編でございます。

2006年05月24日

モスクワの春の森

さて連休も(とっくに)終わり、モスクワもすっかり春がやってきたようです。晴れれば半袖でも大丈夫な陽気です。友人がこんな写真を送ってくれました。


bs_sirakaba400.gif

場所は以前ご紹介したヴデンハーのとなりにあるボタニーチェスキー・サット。日本庭園もある森林公園です。

野原には色とりどりの小さな花が咲き乱れ、白樺の新緑も鮮やか。
これからロシアはもっとも美しい季節を迎えます。


bs_aoihana400.gif

bs_siroihana.gif

とにかくこれでもか!というくらいお花がいっぱい。



bs_belyoza.gif

この日は途中で雨が降り出したようです。土のにおいが立ち上ってきそう。

こういう風景を見ると、むしょうにロシアに行きたくなります。この時期のロシアの森には特別の思い入れがあります。



さて最後にちょっとおもしろい写真。


kibakeikan400.gif

映画のシーンではないですよ〜。

よく見てください。
馬に乗っているのはあの「悪名高きロシアの警察官」
なんとモスクワには騎馬警官がいるんです!
街中でもときどき見かけます。

なんでそんなものがいるかというと、別に観光客へのサービスではなくて、馬はけっこう機動性が高く、渋滞も関係なし。おまけに高いところから見渡せるので、犯罪防止にはちょうどいいとか。

ふだんはできるだけお近づきになりたくないロシアの警官さんですが、こういう姿は本当に絵になります。乗る人もけっこう「かっこいい人」を選抜しているような気がします。。



それでもやっぱり近づきたくはないですけどね。
posted by シュト at 02:51| Comment(10) | TrackBack(2) | ロシアの光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

ソ連時代のポストカード「演技派・おじさん編」

お待ちになっていた方がいたのかどうかはわかりませんが、お約束どおり「ポストカード・演技派・おじさん編」行かせていただきます。
たくさんのカードの中から、シュトを「ムムッ」とうならせた面構えの男たちをどうぞごらんください。




anatoly_solonitcin.jpg

どーん

しょっぱなから「濃い顔」です。。。

でもこの方、タルコフスキーファンならおなじみの俳優、アナトーリー・ソロニーツィンなんです。なぜか映画より「恐い感じ」のお顔で写っていて、最初だれだかわかりませんでした。。。

彼はタルコフスキー映画において、主役からちょい役までいろいろこなしてきた俳優さんでしたが、タルコフスキー監督よりも先に亡くなってしまいました。




お次もタルコフスキー映画より。

donatas_vanionis.jpg300.jpg

どどーん

ドナタス・ヴァニオニス、『惑星ソラリス』の主人公、ハリー様の夫です。

「ソラリス」撮影時の写真らしくて、映画そのままのコスチュームです。(コスチュームと言っても、ただのグレーのトレーナーなんですが。)
アナトーリーさんと同様、ちょっと強面で写っておられます。



さて「濃い路線」はまだまだ続きます。


sergey_bondarchuk.jpg

どどどーん

強面です。
この方はセルゲイ・ボンダルチュク。
ソ連時代を代表する超大作映画『戦争と平和』の監督兼主演俳優という大御所です。

彼の『戦争と平和』はモスクワ映画祭グランプリ受賞はもちろん、アカデミー賞やゴールデングローブ賞などの外国語映画賞も受賞しているという実力派。
さすが気迫が違いますね。「どうだ!!」って感じ。

ちなみに映画の中での彼はこれ↓


vaina_i_mir04.jpg




お次はちょっと個性派風。

sergey_filippov.jpg

セルゲイ・フィリッポフ。細長い顔が印象的です。


彼の出演映画『スネグーロチカ(雪娘)』より

snegurachka04.jpg

あごひげがついて細長い顔がよけい細長く見えます。なんかシュトの死んだおじいちゃんにも似てるんですよね〜。というわけで目にとまったのでアップしちゃいました。



他にもこんなおじさんとか

ojisan01.jpg300.jpg


こんなおじさんとか

ojisan02.jpg300.jpg


こんなおじさんとか

ojisan03.jpg300.jpg


とにかくおじさんがたくさん。。。



しかし、根気よく探してみた結果、ちょっとだけ(比較的)若い俳優さんもいました。



nimaime03.jpg300.jpg

めずらしくポーズなんか決めちゃってます。わりと二枚目風。
よく知らない俳優さんですが、さっきのセルゲイ・フィリッポフさんと同じ『スネグーロチカ』に出演しています。


snegurachka03.jpg300.jpg

なんか全然雰囲気ちがいますね。こっちの方がシュトは好きですが。(ちなみにこの娘さんは「雪娘」ではありません。)



お次。

nimaime01.jpg300.jpg


二枚目、なんだと思います。。。

シュトは引いてしまいましたが。。。

この人のポストカードはいくつかあって、年代もだいたい同じなのですが、なぜか年齢が全然違って見えます。もっと若く見えたり、年取って見えたり。。。
いったいいくつなのかよくわからない謎の人です。


最後

nikita_mikhalkov.jpg

こちらの青年。たぶん本当に若い。初々しい感じが好印象。

「だれかな〜?」と名前をみたら、なんと若き日のニキータ・ミハルコフ監督でした。
彼はもともと俳優で出発した人で、たぶんこれはデビューしたての頃でしょう。

さてこんな思わぬ掘り出し物が出たところで、今回はこれにてお開きお開き〜。
(やっぱり「おじさん編」はあまり筆が乗りませんでした。すいません。。。)
posted by シュト at 03:08| Comment(10) | TrackBack(0) | ソ連時代の雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

ロシア雑貨大集合! モスクワお土産市場・雑貨あれこれ

verinisash_fukei04_300.jpg


お土産市場ベルニサーシュの続きでございます。

ここにくれば、ロシアのお土産品はほとんどそろいます。しかも安いです。

モスクワ中心部の旧アルバート通りや各観光スポット、空港の免税店などでも
お土産品を売っていますが、値段がぜんぜん違います。なので時間のあるときはこちらでのお買い物の方がだんぜんお得です。

それでは、たくさんあるお土産屋さんの中からいくつかピックアップしていきましょう。(数が多いので写真は小さめにしてみました)



CCCP_poster300.jpg vernisash_gjeri300.jpg


ソ連時代のポスターの復刻版。どっかで見たことがあるものがたくさん。

そのとなりは鮮やかな青と白が印象的なグジェリ陶器のお店。これでもか!ってくらい積んであります





verinisash_boad03_300.jpg beryosta_kagami200.jpg


上からぶら下がっているのはカッティング・ボード。
ひらたくいえば「まな板」なんですが、さすがにこの上で大根切ったりするのはためらわれますので、観賞用ですね。下にあるのはパレフ塗りの小箱です。

右はベリョースタの手鏡。ちいさいけれど手の込んだ細かい模様はさすがです。





verinisash_komonoire300.jpg vernisash_keitboshi200.jpg


左は中央アジアっぽい帽子やポシェットを売っています。

手編みの帽子とマフラーなんかもあります。けっこうかわいいです。こういう店も多いです。





vernisash_tablelinen03_300.jpg vernisash_tablelinen02_300.jpg


リネンのテーブルクロスのお店。乙女チックなお花の刺繍入り。

右もリネンのお店。上のほうにぶら下がっているのはマトのなべしき!





vernisash_matoepron2_200.jpg vernisash_matoepron200.jpg


マトリョーシカのエプロンもいろいろあります。使っている布地のプリントがかわいいんですよね〜。




vernisash_isyou200.jpg vernisash_syatsu200.jpg


こんなお土産用の民族衣装も。
でもこれって、日本の浅草とか空港とかで売っている外国人むけの「なんちゃって着物」と似たようなものなのかもしれないなぁ。


こういう民芸品関係は、手前の方に店がかたまっていて平日でもやっていますが、奥のほうのところでは土日限定で、骨董やガラクタ、絵画やじゅうたんなどありとあらゆる雑多なものが売られます。ようするに蚤の市ですね。掘り出し物をさがすならコチラが一番。


vernisash_antique01_300.jpg vernisash_antique02_300.jpg


よくわからないガラクタがいろいろ並べてありますが、右の写真、棚の一番上の段に古びたサモワールがあります。使えるかどうかは不明。。。

ちなみにお土産用の新しいサモワール(絵付き)も売っています。


vernisash_samovar200.jpg


こんな風にカラフル。最近のは電気でお湯をわかすみたいです。(昔は炭火)



他には琥珀やフィニフチなどのアクセサリー類、またミリタリー好きなひとが喜びそうな旧ソ連軍関係の物品(古びたガスマスクなんかがドカッと置いてあったりする・・・)とか、ソ連時代の時計やカメラの中古品などいろいろありますので、老若男女それぞれ楽しめるのではないかと思われます。

ただしとにかく広くて店が多いので、細かく見て回ろうと思ったらかなり体力・気力が必要。いちおう、園内(?)には食べ物屋さんもありますので、いようと思えば一日中いることは可能です。隅々まで極めたい方はどうぞごゆっくり!!
(トイレの場所は知らないので、だれかに教えてもらってください〜)
posted by シュト at 02:52| Comment(10) | TrackBack(2) | モスクワ買い物どころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

ロシア雑貨大集合! モスクワお土産市場・マトリョーシカ編

みなさま、GWはいかがお過ごしでしたか?
気がついたら更新しないうちに連休の最終日を迎えてしまった、ぐうたらブロガー・シュトでございます。



さて連休ボケの頭を覚ますには「かわいいもの」が一番!というわけで、こちら。
(ポストカード「おじさん編」は準備中ですので、もう少々お待ちください。。。)


mato_iroiro03_400.jpg


マト、マト、マト・・・。

ここは以前もご紹介したことのあるモスクワのお土産市場「ヴェルニサッシュ」。友人が写真をおくってくれたので改めてご紹介することにいたします。



「ヴェルニサーシュ」はモスクワ市の東の方、地下鉄「パルチザンスカヤ(元イズマイロフスキー・パルク)」という駅の近くにあります。駅の名前は最近変わったのですが、もともとこのあたりはイズマイロフという名前の地区なので、「ヴェルニサーシュ」という呼び方よりも「イズマイロフ」といったほうがわかりやすい人のほうが多いかもしれません。




これが入り口。


vernisash_entorance300.jpg

(関係ないですが、すご〜くいい天気で、見ているだけで気持ちよい〜)


もう、ロシア版ディズニーランドのノリです。


ただし駅からここにたどりつくまでの数百メートルは、手に手にいろんな商品を持った立ち売りのおばちゃんたちが道の両脇にずらりと並び、また入り口直前は小さな店などでごったがえしていて、いつもすごい人だかり。はじめての人はちょっとひるむかもしれませんが、そこは恐れず、ずんずん前に突き進むとやっとここに着きます。




中の風景。


verinisash_fukei06_300.jpg


お土産市場の中もこのように小さな屋台がひしめきあっています。しかもこれはまだ入り口付近のほんの一部。



上から見ると・・・


vernisash_ue01_300.jpg


奥へ奥へと店は果てしなく続きます。




さてこんなヴェルニサーシュの中で売っているマトリョーシカたち。


mato_semyonovka300.jpg


黄色いスカーフをかぶっているのは「セミョーノフカ」と呼ばれる伝統的なマトリョーシカ。「マツヤ」さんのチョコレートが入っているのもこのタイプですね。





mato_ookinakabu300.jpg


こちらは物語を描いたマトリョーシカ
真ん中は日本でもおなじみの昔話「おおきなかぶ」、右は「みにくいアヒルの子」かと思います。シュトはこの「みにくいアヒルの子」のマトが気に入っています。
後ろに見える顔の書かれた黄色くて丸いものは、これも日本でおなじみの昔話「おだんごぱん」だと思われます。





mato_bararaika300.jpg


ロシアの伝統的な楽器バラライカを持ったマト。
後ろのほうにはディズニーの「白雪姫」の小人が見えますね。





チェブラーシカとゲナを発見!!

mato_realcheb300.jpg


お隣にはなぜかペンギン(かなりリアル)・・・。(その隣は「クルテク」か?)
しかもチェブとゲナの後方からプーチン大統領がのぞいている!!!





vernisash_kazokumato300.jpg


まるでおひな様のように並んだマトリョーシカたち。ここは一人の作家さんの作品を売っています。手前の「亀人間(?)」がちょっとあやしい感じ。。。



とこんな感じでどこを向いてもマト、マト、マト。。。
とにかくありとあらゆるマトリョーシカにお目にかかれます。ここで自分の好みのマトを探してみるのもけっこう面白いですよ。(値引き交渉も必ずしよう!)

とはいえ、売っているのはなにもマトリョーシカだけではありません。
次は他の雑貨たちもご紹介しますね。
posted by シュト at 11:38| Comment(17) | TrackBack(1) | マトリョーシカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。