2007年08月21日

イズマイロヴォのクレムリン&ちょこっとお知らせ

さて前回、雑誌「Spoon」のロシア特集のご紹介したばかりなのですが、なんと先日発売された「雑貨カタログ 10月号」が、これまたロシア特集なんです!!!

zakka_catalogue.jpg

特集名は「ぬま伯父さんのロシアのかわいいを探す旅 モスクワ・蚤の市編」



「ロシア」「かわいい」



10年前、この二つの単語が結びついて使われるなんて、誰が想像できたでしょうか。

「ロシアが好き」と言うと奇妙な目で見られたあの時代。

時代は変わったのですね。。。(遠い目)



と、感慨にひたるのはいいとして、ここで「蚤の市」と呼ばれているのは、以前シュトもご紹介したことのあるおみやげ市場、イズマイロヴォのヴェルニサーシュのことでございます(雑貨カタログでは「ベルニサーシュ」と表記されております)。

で、以前のご紹介記事ではヴェルニサーシュの横は「でっかい木造教会がある小さなクレムリンのようなのも建設中で、いったいどうなっていくのかよくわかりません」と書いていたのですが、


実はほんとうにクレムリン作っていたようです。


そして最近、やっと完成した模様(なにせロシアなんで、工事は何年もかかっておりました)。

izmairovo_kremlin04.jpg

工事中の現場


その名は「イズマイロヴォのクレムリン」

※注 クレムリンという言葉はモスクワの赤の広場にあるものの固有名詞ではなく、元々は「城塞」という意味で、中世ロシアの多くの都市が備えていました。ちなみに「イズマイロヴォ」というのはこのへんの土地の名称。


こ〜んなパンフレットを友人が送ってくれました。

izmairovo_kremlin01.jpg


赤い方はクレムリンの概要で、結婚式もできるし、いろんなイベントがあるよ!みたいなことが書いてあります。

izmairovo_kremlin02.jpg

クレムリン内の一番大きな建物は「聖ニコライ教会」。

それからピョートル大帝のお父さんの時代にあった、世界第8の不思議と呼ばれた木造宮殿なども再現されています(中はレストラン)。

で、シュトは工事現場も見ているのでわかるのですが、ロシアの凄いというか、らしいところは、これをぜんぶ昔と同じように木とかレンガで作っているところなんですよ。

日本だったら、外側だけ再現して中は鉄筋コンクリートっていうのが多いじゃないですか。

でもロシアって、いまだに木とレンガが現役。

材料からしてそうなので、存在感が半端じゃありません。
ちゃちくないんです。

教会はすぐ近くで見たことがあるんですが、野外博物館とかで見た「本物」に優るとも劣らない出来具合でした。


右の黒い方はおみやげ屋さん施設「ロシアの財宝」の紹介。

izmairovo_kremlin03.jpg

ここも工事中からやっていたので見たことありますが、ロシアの伝統的な雑貨は一通りあります。質も良い物が揃っています(その分、横のヴェルニサーシュよりちょっとお高めかもしれません)。


しかしこんなのができちゃうなんて、さすがに登り調子のロシア経済。
観光客誘致にも気合いが入ってきています。(この勢いでできればビザもなくしてほしいんですが。。。)


ちなみにイズマイロヴォ・クレムリンの公式サイトはこちら
http://moscow-vernisage.com/index.php
いちおう英語もあるんですが、そちらの方はほとんど機能していません(やっぱロシアだ。。。)
posted by シュト at 21:52| Comment(9) | TrackBack(0) | モスクワ買い物どころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

ロシアのくまのプーさん そして夏休み・・・

残暑の候、みなさまいかがお過ごしですか?
今日からお盆休みという方も多いのではないかと思います。

実はうちもそうなんですが。

このまま休みに突入すると、ブログ更新ワースト記録を達成してしまうので、お出かけ前に更新していかねば、と思ったしだいです。

なので、今回はちょっととりとめない内容となっております(っていつもそうかもしれませんが)。

さて前置き(いいわけ)はこのくらいにして、実は今発売されている「spoon」の2007年8月号がなんとロシア特集なんですね〜。

シュトもこちらで教えていただきました。

『ミールイ ロシア!』というタイトルで、16ページに渡ってロシアのカワイイものが紹介されています。取材地はハバロフスクなんですが、シュトがモスクワにいたときに買っていた牛乳パックとか載ってたりして、ちょっとなつかしい。

そして、やはりこちらでもメインで紹介されているのですが、ロシアのくまのプーさん、「ヴィニ・プーフ!」が取り上げられているのです!


「ヴィニ・プーフ!」とは?


実はロシアではチェブラーシカに負けず劣らず大人気のキャラクター。

イギリスのミルンの原作を、ロシアの児童文学作家が新解釈して作られたものなのですが、なんとも愛嬌があって、ほのぼのとして、ちょっと「おばか」で笑えます。


womanday_poo_L.jpg

こちらはうちにいた「ヴィニ・プーフ!」

このどう見ても「タヌキ」にしか見えない、コロコロした動物が「ヴィニ・プーフ!」
でもクマなんです。
はちみつ大好きです。

「他にもいなかったかな?」と探してみたところ、こんなのもありました。


vini_phooh.jpg

これはミルク・キャンディーかなんかの包み紙で「ヴィニ・プーフ!」とは書いていないのですが、この「タヌキ顔」はあきらかに「ヴィニ・プーフ!」を意識していると思われます(ちょっとおっさんっぽいですが)。


ところでシュトの友人はこの「ヴィニ・プーフ!」が大好き。

ある日、シュトはチェブラーシカの絵本が買いたくて、この友人といっしょに本屋へ行きました。

けっこう大きな本屋だったのですが、チェブの本はいがいに少ない。
店員さんにも聞いていろいろ持ってきてもらって品定めをしていたところ、友人が1冊の本を手にして近寄ってきました。


友人  「シュトさん、こっちの方が面白いです!」

シュト 「んん??『ヴィニ・プーフ!』?」

友人  「ロシアではこっちの方が人気があります!」

シュト 「でも、日本人は知らないよ〜」

友人  「チェブラーシカはさびしいです!こっちの方が楽しいです!!!」

シュト 「・・・。(たしかにそうかもしれんけど)」


というわけで、結局「ヴィニ・プーフ!」の絵本も1冊買った(買わされた)のでした。。。

その本はロシアに置いてきてしまったのでご紹介できないのですが、ミルンの原作にあの「タヌキ顔」の絵がついたものだったと思います。


ちなみにチェブラーシカの絵本はしっかり持って帰ってきております(笑)。

それがこれ。

cheb_book00.jpg

「ワニのゲーナの休暇」という題名で、夏休みがテーマです。


cheb_book03.jpg

おなじみの3人(?)がいろいろトラブルに巻き込まれながら(巻き起こしながら?)も、バカンスを楽しんでいます。


ところで夏休みといえば、ロシアでは7月から8月にかけて、だいたい1ヶ月くらいまるまる休む人が多い。

なのでこの時期、ロシア人、いないいない

シュトの友人も実家に帰っていて、ただいま音信不通。。。
(もうそろそろ帰って来るはずなんですが)

夏休みを迎えたロシア人は、もう心ここにあらず。
捕まえるのは至難の技なのでした。。。


とはいえ8月半ばを過ぎるとロシアの夏は終わりに近づき、すでに秋の気配。シベリアではもう、朝晩は5〜15℃だそうです(寒そうだ)。

これからやってくる長い長い冬をのりきるためには、お日様を思いっきり浴びて(ロシア人は日光浴が大好き)、夏を思いっきり楽しむことが不可欠なのでしょう。

というわけでシュトはこれから一足遅れて夏休み。
コメントの返信も15日以降になると思います。
みなさまもどうぞよい夏をお過ごしくださいませ。

それでは。
posted by シュト at 16:27| Comment(12) | TrackBack(2) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。