2007年12月20日

エルミタージュで

シュトの印象ではサンクト・ペテルブルグはモスクワと較べるとまさにヨーロッパという印象でした。

街にはバロック調や新古典調の豪華なお屋敷がたくさんあるし、歩いている人々もモスクワよりも背が高くて金髪碧眼ぽい人が多いような気がする。

あと当時モスクワではまったく見あたらなかった「コーヒーの飲めるこじゃれた野外カフェ」なんかもあったりして、「ああ〜ヨーロッパってこんな感じなのね〜」とおのぼりさんのように感心していたのでした。


さてサンクト観光でと言えば絶対はずせないのがエルミタージュ美術館


.


もちろんシュトも行きました。

2回行ったうちの最初は一人で回ったのですが、まあそのでかいことでかいこと

なにせもともとロシア皇帝の宮殿だったわけですから、建物そのものも豪勢このうえない。

きんきらきんごってごてな世界であります。

ermitash_kinkira1.jpg

ermitash_kinkira2.jpg


とはいえ単なるきんきらきんだけでは、他のヨーロッパの宮殿と大差ない(たぶん)。

しかしそこでシュトは「やっぱりロシアだわ〜」と感じたものを発見したのです。


それは何かと言うと





石ったって、そんじょそこらの石ころのことではありません。

だのだのだのの鉱石です。

それがでっかい花瓶(?)に加工されてあちこちに置いてある。

たとえばこんなの↓



ermitash_stone1.jpg


これ、ラピスラズリでしょうか。。。
(となりの部屋には孔雀石で作られた同型の花瓶が見えます)

とにかく1個1個がでかいんです。

こんなのがあちこちにぼこぼこ置いてあるんです。

きっとウラルとかシベリアとかから切り出された石なんでしょう。

まさに資源大国ロシア


というわけで、数ある美術品よりもなによりも、この花瓶たちにかつてのロシア帝国の富と力をまざまざと見た思いがしたシュトなのでした。

それではまた〜。
posted by シュト at 20:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ロシアの光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。