2006年03月17日

カレンダーカード

calender01.jpg

モスクワの本屋「ドーム・クニーギ」のカレンダーカード





前回も書きましたが、モスクワの友人が譲ってくれたソ連時代の雑貨の中で一番多かったのがカード類です。

種類としては、ニューイヤーカード、バースデーカード、その他の記念日のカード、それからカレンダーカードなどなど。

これらのカード類は今でもよく売っていますが、デザインがあまりぱっとしないものが多いです。カレンダーカードも企業などの宣伝が多くて、いまいちなんですよね。

しかし、今回やってきたソ連時代のカードたちは、デザイン的にすごく洗練されているものが多く、見ていてとても楽しいものです。商業くささがないところがまたいいんですよね。

これらの中から、まず今回はカレンダーカードをご紹介しましょう。



calender3piece_01.jpg


calender3piece_04.jpg

縦長型のカードです。題材は音楽やバレエなどの芸術、自然の風景などありふれたものなのですが、それがシンボリックに表現されていて、センスの良さが光ります。





calender3piece_03.jpg

こちらは海洋関係のカード。色使いがとてもきれいで、まるで絵本の挿絵のようです。





calender3piece_02.jpg

「海」の次は「空」ということで、アエロフロートのカード。ソ連という時代を感じさせてくれます。





calender3piece_04.jpg

最後はロシアの御伽噺の世界をあしらったカードです。前にあげたモダンな感じもいいですが、こういう伝統的なタイプもまた素敵です。

どれもトロイカ(三頭立のそり)が、空中を疾走しているという主題なのですが、なにか意味があるのかもしれません(知っている人がいたら教えてください)。




ほんとうはこの他にもたくさんあるのですが、まだ整理できていません(汗)。

準備ができ次第、随時ご紹介していきますね。

それでは。
posted by シュト at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ソ連時代の雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
一番上のカレンダーカード、むちゃくちゃカコイーじゃないですか!
色合いなんてサイコーです。
モダンな感じがしてステキです。
上から2番目の写真のタテ長のものもいいなぁ…。
日本でお目にかかれない色合い、模様、デザインがいいですよね☆
Posted by Monsieur at 2006年03月22日 12:41
実は私も一番最初のカードが気に入ってます。
構成主義っていうのかな?
とってもロシア・ソ連らしいかっこよさがいいんですよね。
けっこうデザインの勉強になってます。
こんな感じのかっこいいHPがつくりたいなあ。。。
Posted by シュト at 2006年03月22日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。