2006年04月29日

ポストカードのロシア美人2

前回に引き続き、ソ連時代の映画スターのポストカードの中から見つけたロシア美人をご紹介します。

まずは映画のワンシーンを扱ったものから。
(ちなみにシュトはこれらの映画を観ていませんので、ツッコミはなしでおねがいします)


こちらはソ連版『戦争と平和』(1967年)より。


vaina_i_mir300.jpg


ヒロインのナターシャと恋人アンドレイの舞踏会のシーンです。


下はナターシャ役、リュドミーラ・サベリーエワのポストカード。


lyudomira_savelyova300.jpg


実はナターシャ役はなかなか決まらず、映画の撮影はヒロインが決まらないまま始まりました。そして文部省が筆頭となって芸術関係のすべての少女を調べた結果、バレエ学校を卒業したばかりの彼女に白羽の矢が立ったのだそうです。

ところでソ連版の『戦争と平和』は、アメリカの『戦争と平和』のあとに作られたのですが、この女優さん、かなりオードリー・ヘプバーンを意識してる感じがするのは気のせいでしょうか?本家ロシアの名誉にかけて、オードリー以上の娘を探しまくったのかもしれないなぁ。

まあ、ヘプバーンもかわいいけど、このナターシャもロシア娘らしい美しさがあっていいです。

ただ、アンドレイが、たしかに2枚目だけど、やっぱりおじさんだよなぁ(特にお腹が)。。。



次は『アンナ・カレーニナ』


anna_karenina300_02.jpg

anna_karenina300_01.jpg


不倫相手のヴロンスキーの元へ去ることを決意し、幼い息子に別れを告げるシーン。

アンナもきれいですが、男の子もかわいいです。ロシアの子供は本当に天使のようです。

ちなみに『アンナ・カレーニナ』は何度も映画化され、アンナ役としてはグレタ・ガルボビビアン・リーが有名です。最近では98年にソフィー・マルソーでも制作されています。

しかし公開当時は、ソ連版『アンナ・カレーニナ』に勝るものはないという評判でした。アンナを演じたタチヤナ・サモイロワはトルストイのアンナそのものになっていると絶賛されています。


お次もロシア文学原作の映画『カラマーゾフの兄弟』より。


karamazov300.jpg


グルーシェンカ(左:リオネラ・プイリエワ)とカチェリーナ(右:スヴェトラーナ・コルコーシュコ)の二人は、一人の男ドミートリー・カラマーゾフをめぐって複雑な関係にあります。そしてこの一見仲が良い二人の美女は、この直後、壮絶な罵り合いを繰り広げるのでした。。。
(興味のある方は原作本、または齋藤孝著『過剰な人』(新潮社 2004年)をご参照ください。)



さてつぎはポートレートタイプのポストカードより。


natalya_varley300.jpg


今までとはうってかわって、現代的なかわいい女の子です。裏に印刷されているプロフィールによると、当時はまだ演劇学校に在学中で、まだあどけなさが残っているのもうなずけます。



が、出演作品を見てびっくり。



なんと彼女はかの『ヴィー ВИЙ』の主演女優ナタリヤ・ヴァルレイ。。。


ロシア映画好きな方ならご存知ですよね。


邦題は『妖婆死棺の呪い』


そう、ゴーゴリ原作の怪奇映画(でも笑える)で、主人公の神学生ホマーの周りを棺おけに乗ってぶんぶん飛び回っていたあの魔女だったんです!(これはシュトも観ました)

美しいけれども超恐ろしいあの魔女は、こんなかわいい娘さんだったんですね。。。さすが、在学中に主役に抜擢されるだけあって、たいした演技力?です。



最後はこの人


lyudomila_marchenko.jpg


リュドミーラ・マルチェンコさんというお名前ですが、どういう女優さんかはシュトは知りません。裏のプロフィールにはひとつだけ主演映画(直訳『父の家』)が記載されています。年代も書いてないですが、かなり古い時代の人のようです。

でもこの清楚で可憐な顔立ちがかわいかったのでご紹介しました。



というわけで、みなさま目の保養にはなったでしょうか?
あくまでもシュトの主観にもとづいて選んだものなので、その点はご了承ください。


それでは次回は『演技派・おじさん編』。。。





に行くかどうかは検討中です。(笑)
posted by シュト at 01:57| Comment(8) | TrackBack(0) | ソ連時代の雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゴーゴリ好きなのに映画の事は全然知らないわ〜(汗)ユーリ君の「外套」なら知っていましたが。。。恐怖映画なのに笑える「妖婆死棺の呪い」チェックせねば!タイトルからしてすごいですね〜しかしロシア美人は品がありますね!「演技派おぢさん編」私は楽しみにしてま〜す(笑)
Posted by まころん at 2006年04月29日 18:26
「戦争と平和」と「アンナ・カレーニナ」、ハリウッド版なら
観たのですが、ソ連版は観た事ありません。
思わずシュトさんに突っ込みそうに(笑)
ソ連映画としては、ずっと昔の「子犬を連れた貴婦人」しか観てません。
NHK教育で放送してたんです、学生の頃です・・・。
おじさん編も楽しみにしています。

Posted by belgium44 at 2006年04月30日 01:42
まころんさん
『妖婆死棺の呪い』は大学のゼミで見せてもらったんですが、なかなかインパクトありました。特撮技術も古くて、魔女がほうきに乗って飛ぶシーンではピアノ線が見えたりするんですが(笑)、映像的にはすごく面白いです。自然もすごくきれいだし。ラストでは「見てはいけない」とわかっていても「見てしまう」ことによってホマーは破滅してしまうんですが、そのへんの緊迫した心理描写もなかなかですよ。
Posted by シュト at 2006年04月30日 13:57
belgium44さん
『子犬を連れた貴婦人』、私は観てないんですよね。どうも観ている映画の偏りがはげしくて。。。
しかし、belgium44さんも「おじさん編」をご希望とは。。。おじさんのポストカードは適当にしか見てなかったんですが、もう一回ちゃんと発掘作業しなくてはいけませんね。(笑)
Posted by シュト at 2006年04月30日 14:05
私は、下から2番目の方がタイプです。
一目ボレしましたデス。(ポッ…)
シュトさんの力を持ってして、ぜひ、ご紹介ください!
Posted by Monsieur at 2006年05月01日 19:43
Monsieurさん
えー、裏のプロフィールによりますと、このポストカードが作られたのが1970年、当時の年齢がだいたい20歳だとしたら、現在は。。。
それでもいいとおっしゃるならお探ししますが。。。
Posted by シュト at 2006年05月01日 23:46
この間はコメント下さって,すごく嬉しかったです。
マトリョーシカ,すごく奥が深くて気になってます。
ロシアの雑貨とかもいろいろかわいらしいものやおしゃれなものがあるのでしょうね。
楽しみにしております。
それにしてもロシアの方ってどうしてこうも綺麗なのでしょうね。美しすぎてため息が出ます〜

また遊びに来てくださいね。
Posted by ともちゃん at 2006年05月05日 14:58
ともちゃんさん
レス遅くなってごめんなさい。
こちらこそコメントしていただいてうれしいです。昨日さっそく図書館でマトリョーシカちゃんを借りてきました!!
マトリョーシカだけでなく、ロシアの伝統的な民芸品が大集合で面白かったです。ロシアの昔話って、こういうすごく素朴なお話も多いんですよね。
私のほうもまた遊びにいかせてもらいます。
それでは。
Posted by シュト at 2006年05月07日 03:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。