2006年08月24日

ちょっと一息 花とマトリョーシカ

今日、友人のロシア人が送ってきてくれた写真です。


roza1.jpg

雨上がりの、水滴をつけた薔薇の花。


季節的には、6月頃に撮ったものだと思うのですが、ここ連日の暑さに溶けかかっていたシュトの脳みそに、すずやかな空気が流れ込んできました。

というわけで皆様にもおすそわけしたいと思ったしだいです。


他にもこんなのとか

roza2.jpg


こんなのとか

murasakinohana.jpg


ちょっと枯れかかってるけど、こんなのとか

magalete.jpg



撮影場所はモスクワ郊外にある友人のダーチャの庭。
しかし、庭といっても日本の感覚とはぜんぜん違います。
とにかく広い。都内の小学校の校庭より広いかも。。。
しかも土地はただ同然。

ダーチャというのは、ふつうは「別荘」と訳されますが、日本のそれとは趣が違います。昔からのタタイプは、広い土地の中にぽつんと木造のカワイイおうちが建っている形式。周りはたいてい畑です。もちろん畑は自分で耕します。人によっては、家も自分で造ってしまいます。それが楽しかったりするらしい。

ちなみにトイレはたいてい外。
もちろんくみ取り式。
電話もありません。
水は井戸から汲んできたりする。。。

もちろん、いまや成金大国となったロシアでは「豪邸のような別荘」(水道ガス完備)もがんがん建てられています。


ちなみに私の友人は畑仕事をしないので、ごらんのとおり庭は草ぼーぼー状態です。

それなのに、どっかから種でも飛んできたのか、きれいな薔薇の花が咲き誇ってくれています。
まあ、勝手に生えているので、かなりワイルドに育っていますが。。。


roza3.jpg



さて、お花だけではなんなので、私のお気に入りのマトリョーシカなんぞもご紹介。


mato_hana.jpg



花マトと呼んでおります。
美しいです。
はっきりいって一目惚れしました。。。

持っている花は大きい子から、「まつゆきそう」「ライラック」「リンゴの花」「ミモザ」「わすれなぐさ」かと思います。

「まつゆきそう」は物語『森は生きている(原題『12の月』)』で、主人公の女の子が冬の森に探しに出かける花ですね。

ライラックもミモザもわすれなぐさも、あまり知られていないかもしれませんが、ロシアではよく見る花です。リンゴは言わずもがな。

けっこうよく描けてるんです。

ちなみにこちらはモスクワのライラックの花。


lilac.jpg



このマトリョーシカを見ると、ロシアの一番美しい季節の記憶が鮮やかによみがえってきます。
短い夏の間に、ここぞとばかりに咲き競ういろとりどりの花々。
その生命力あふれた姿が目に浮かんで来ます。

なんか今回はとりとめもなくおわりますが、ようするに「シュトはお花が大好き」という話でした。
posted by シュト at 01:09| Comment(7) | TrackBack(0) | マトリョーシカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわぁ〜、本当に毎日暑いので
こんな素敵な花々を見てたら、疲れがとれそうです。
でも、小学校の校庭よりも広い庭ってすごいです。
やっぱり国土の広いロシアだからかなぁ。
あまりにも花々の色が美しいので、草ぼうぼうなんて
全然気になりません。
ロシアはもう日本でいう秋なのかなぁ〜?
そして花マト、もう淡い色合いといい最高です。
私も欲しい・・・
Posted by belgium44 at 2006年08月24日 13:38
belgium44さんへ
ええ、もう広いのなんのって。。。
ちゃんと整備すれば、サッカー場くらいはできそうです。

ロシアの花の色の美しさは格別ですね。なんで、こんなにきれいなんだろうって、いつも思います。緑もすごく鮮やかです。周りはほとんど森と野原で、ビーバーのいる川もあります。以前案内してもらって周囲を散歩したことがあるのですが、日本とは違った雄大さと美しさに圧倒され、すごく感動しました。

花マト、気に入っていただけてうれしいです。
実はこれもお店で販売する予定なんです。
ただ、ご多分にもれず、このマトも一つ一つ手作りなので、一度に大量入荷というのは難しいのですけど。楽しみにしていてください。

Posted by シュト at 2006年08月24日 14:52
お友達のワイルドなダーチャステキだわ。
やたらと手を入れてある日本のイギリス式ガーデニングにちょっと食傷気味な私なのです。
花マトすごくステキな色合い&柄ですね!
シュトさんところのマトはみんな顔がかわいいですね〜
Posted by まころん at 2006年08月24日 15:25
まころんさんへ
わたしもあまり人工的なものより、こういう草ぼーぼーみたいな方が好きなんです。
自然のままが一番いいというか(でもそれだと「庭」とは呼べないかもしれませんが。。。)

私のマト選びのポイントはやはり「顔」ですね。
どんなにきれいな衣装を着てても、顔がケバイとちょっと。。。
自分のお部屋に置いていて、違和感がないものとなると、どうしてもこういう系統のお顔が多くなるのです。
Posted by シュト at 2006年08月25日 02:38
管理人様、TBありがとうございました。
早速、訪問させていただきました。
いろいろなお花の写真、綺麗です。
ロシアの生活習慣のお話も勉強になりました。
別荘?のトイレが外・・・驚きです。
もし時間があったら私のブログにコメントを遠慮なく下さいね。
(私・TBよりコメント派なんです)
ではこれにて。
Posted by マグロン at 2006年09月02日 16:54
マグロンさんへ
コメントありがとうございます。
ロシアのダーチャは日本の「別荘」とはぜんぜん違うんですよ。ほかに言葉がないからそう翻訳されているだけなのだと思うのですが。。。
ブログのほうにもコメントさせていただきました。
テーマが多岐にわたっていて、すごいですね。
私の方もよかったらまたのぞきにきてください。
Posted by シュト at 2006年09月02日 23:25
unmulcted subulicornia schlieric mangifera anticombination kinghead uncatechized licinian
<a href= http://www.cnn.com/TRAVEL/ESSENTIALS/WEB.HANDBOOK/airtravel.html >Travelguide </a>
http://uoflsports.cstv.com/sports/w-volley/lou-w-volley-body.html

 
Posted by Gwendolyn Myers at 2007年12月17日 17:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。