2006年09月07日

マトリョーシカ豆知識3 持ち物編2 謎の物体X

mato_pan01.jpg



さて、このマトリョーシカが持ちたる丸い物体。
いったいなんでしょう?

シュトは最初

「でっかいケーキ?」


と思ったのですが、にしては上に付いている赤い突起物が不自然。どうもあれは食べ物にはみえない。


mato_pan02.jpg
謎の物体X


次に思い浮かんだのは、よく豪華な西洋レストランで、七面鳥の丸焼きとかにかぶせてある金属でできた銀色の丸い覆い。だからこの中には鳥の丸焼きでもはいってるのかも・・・。

しかし、これは銀色じゃなくて茶色。

「いや、もしかしたらロシアだから、金属製ではなくて木製なのかも?」

などと思ったりもしたのですが、もし中にごちそうが入っているとしたら、お皿かお盆をしいているはずなのに、下にあるのはロシアによくある長いふきん。。。


ああ〜、いったいこれはなんなのぉ〜???



と考えが行き詰まったので、私のマニアックな質問にいつも答えてくれるKちゃんにチャットで聞いてみました。


Kちゃんいわく

「ふきんの上にはパンと塩をのせているんです。パンの上にあるのは塩の入った器です。」

「これはロシアの伝統で、お客様が来たらすぐにパンと塩を持ってお迎えするんです。これは心から歓迎するという意味なんです。」



へ〜、そうなんだ〜。

そういわれてみれば、この丸い物体はロシアでよく見かける丸い黒パンですね。しかしその上に塩が乗っかっているとは、思いもしませんでした。

あ、別にロシアは貧しいから、お客が来てもパンと塩しか出せなかったとか言う訳じゃないですよ。パンと塩はあくまでも歓迎の象徴。

実際ロシアでは「パンと塩」という言葉は「歓迎」と同じ意味を表すそうです。


さて、中の子たちも出して、せいぞろいしてみました。

mato_pan03.jpg



お客様の歓迎ということで、みんな手に手に食べ物を持っています。

2番目の子が持っているのは、何度かご紹介したことのある「バランキ」という名前の乾パン。

バランキはこういうふうに穴にひもを通してかけて保存するんです。市場のお菓子屋さんでも、こういうふうにひもにたくさん通した形で売っているのをよく見かけました。

3番目の子が持っているのは「ブーブリク」というこれもバランキと似たようなものらしいのですが、バランキよりは柔らかいとか。やはり真ん中の穴にひもを通してぶら下げるそうです。

4番目の男の子が持っているのはギョウザのように閉じた「ピロシキ」
なぜかこのシリーズの男の子はピロシキを持っていることが多いです。

5番目のちびちゃんは、ひもからはずしたバランキを1個だけ持っています。


これらの食べ物とお茶がそろったら、さあ、ロシアン・ティーパーティーの始まりです。

みんな食っては茶を飲み、飲んではひたすらしゃべりまくる。
これぞロシア式お客様歓迎法なのでした。



ところでこの「パンと塩」の歓迎については、最近出版されたこちらの本でもくわしく説明されています。

家庭で作れるロシア料理 ダーチャの菜園の恵みがいっぱい!

この本、いままでのロシア料理本とはだいぶ趣が違い、写真がとってもおしゃれでかわいくて、また読み応えのあるエッセイもあって、おすすめです。
もちろん、ダーチャの菜園でとれた野菜や果物を使った素朴な料理のレシピも充実していますよ。
posted by シュト at 18:42| Comment(16) | TrackBack(1) | マトリョーシカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シュトさん、お帰りなさい。
そしてまたまた、かわいい淡い色のマトちゃんですね〜。
絶対にテカテカマトより、こっちのマトのほうが好きです。
なるほど〜・・・、謎の物体Xは詳しい人に聞いてみないと、
とてもパンと塩とは思えませんよね。
中のマトちゃん達も、ロシアを象徴する食べ物を持っているんですね。
Posted by belgium44 at 2006年09月07日 22:11
belgium44さんへ
無事帰ってまいりました。
京都はお天気には恵まれて、暑かったですがいろいろ回ることができて良かったです。
この単色系のマトのことを、私は「しっとりマト」と呼んでいます。わたしもすごく気に入っているんですよ。
この「パンと塩」に関しては、ほんとわかりませんでした。今ではこういう風習もほとんど行われていないんでしょうが、こうやってマトリョーシカに描かれることによって、知らない世代にも伝統が伝わっていくのかもしれませんね。
Posted by シュト at 2006年09月08日 01:00
こんにちは!
『しっとりマト』、いいですよねえ。
手に持っているものがそういう意味だったとは・・・!
ロシアのお料理やお菓子のことを知りたいと思っていたところだったので、早速本を買わせてもらいますー!
Posted by aya at 2006年09月08日 06:31
シュトさん、こんにちわ☆
先日はコメントありがとうございました♪
さっそく遊びに来ちゃいました。

このマトリョーシカ、めっちゃめちゃかわいいですね!
私が今まで見て来たモノとは全然違って
優しい感じがたまらなくかわいい☆
しかも手に持っているモノまでがかわいいです☆
ひとめ見てツボにハマっちゃいました!

ちなみに、これってどちらで手に入るか教えていただけないですか??
現地にしか売ってなかったりします??
ちょっと気になってたマトリョが
この記事でかなり気になってハマってしまいました☆
Posted by hiron* at 2006年09月08日 12:10
ayaさんへ
コメントありがとうございます。
「しっとりマト」気に入っていただけてうれしいです。
この本はほんとすてきなんですよ。
ぜひロシアのお料理やお菓子にチャレンジしてください!!
Posted by シュト at 2006年09月08日 12:52
hiron*さんへ
コメントありがとうございます。
私もこのマトには一目惚れしてしまったんです。
私がはじめて見たのはモスクワの空港ですが、今のところ、日本では売っていないようです。
それで実はこのマトちゃん、これからオープンするショップで販売する予定なんです。これはそのサンプルとして送ってもらったマトちゃんです。
なので、ショップオープンまでもうちょっとお待ちください。クリスマス前に間に合うように開店準備中です。
他にもいくつか紹介しているので、気に入ったものがあったら教えてくださいね。
Posted by シュト at 2006年09月08日 13:02
シュトさん、こんばんは。

ロシアでは「パンと塩」という言葉は「歓迎」と同じ意味を表すなんて知らなかった。
ロシア式お客様歓迎法・・・面白かったです。
Posted by マグロン at 2006年09月09日 16:27
マグロンさんへ
私もはじめて知りました。さすがに今ではこんなふうに歓迎されることもないですしね。
ロシア人と仲良くなるには食べながらおしゃべりするのが一番ですよ。酒が入るとたいへんですけど。。。
Posted by シュト at 2006年09月10日 05:04
かわいい〜
この食べ物マト欲しい!
一人だけ男子がいるのがツボです。
ショップオープンしたら購入できるかも
しれないんですね♪楽しみです。
Posted by まころん at 2006年09月11日 14:50
淡い色合いに、なんと穏やかな表情のマトちゃんでしょう。素朴で味わい深いですね。
それにみんなが歓迎のパンを持っているのがいいですね。
おいしそう。食べてみたいです。

ロシアでお塩とパンが歓迎の意味というのは初めて知りました。塩がとても大事だという事なんですね。

ポーランドのアニメに女の子がお盆?の上に黒パンを乗せて歓迎している場面があります。同じなのでしょうね。塩は持ってないようですが。http://jirohana55.exblog.jp/m2006-05-01/#3593170

Posted by フデ at 2006年09月11日 15:35
シュトさん、ど〜も!

私はその答えをスラスラと回答した「Kちゃん」というかたに驚きました。

マニアックなシュトさんに、超マニアックな回答をするKちゃん・・・。

Posted by ken at 2006年09月11日 16:26
まころんさんへ
そうそう、この男の子がツボなんです(笑)。
お姉様方に圧倒されて、ちょっと地味なんですが、しっかりとピロシキをにぎりしめているところが、なんとも愛おしいです。。。
やっぱり食べ物系ははずせませんね。
Posted by シュト at 2006年09月11日 22:09
フデさんへ
やっぱりポーランドでもそういう歓迎の仕方があるんですね。ロシアのマトリョーシカでもパンだけのものもあるので、塩は省略されることがあるのかもしれませんね。
それにしても、このポーランドのアニメの女の子カワイイ。。。衣装もすてきだし。ポーランドの民族衣装はとても洗練されてますよね。
Posted by シュト at 2006年09月11日 22:17
kenさんへ
私はともかく、Kちゃんはそんなにマニアックな人ではない(はず)なんですが。。。
でも今のモスクワでは、こんな風習はぜんぜん見ないですから、若い人は知らないかもしれないですね。ちなみにKちゃんは20代後半。彼女によれば、「半分ソ連の子供、半分ロシアの子供」だそうです。
Posted by シュト at 2006年09月11日 22:29
これはまた、柔らかい色のマトちゃん達ですね。
かわいい家族です!

パンとお塩で歓迎なのですか…。
ちょっと寂しい感じはするけど、シンプルで
いいですね。変に考えなくてもいいもんね!

わかりました!
シュトさんが当ラウンジのお越しの際は、
この方法で歓迎いたしますよ☆
Posted by etranger at 2006年09月11日 23:32
etrangerさんへ
わ〜、うれしいな〜。
ぜひぜひ、パンは酸っぱい黒パンにしてくださいね!
ちゃんと固くて、丸いのですよ〜。
お塩は岩塩がいいな〜。
あ、でもそのままだと食べにくいので、やっぱりロシアンティーもつけてください(笑)。
Posted by シュト at 2006年09月12日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Vesna!さんへの納品
Excerpt: 昨日、Vesna!さんへ初めての納品にお邪魔しました。 今回はブックカバーやティッシュケース、カードケースなどの小物が中心。 可愛い可愛いミニ・マトちゃん(ミニサイズのマトリョーシカ)を飾った..
Weblog: きょうのきょうと 6年目を迎えた京都暮らしあれこれ
Tracked: 2006-09-08 06:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。