2007年01月26日

モスクワ冬の風景

moscow05.jpg


つい先日までほとんど雪が降らなかったモスクワに、とうとう雪が降ったそうです。気温もぐっと低くなって、やっと冬がやって来たという感じだとか。

さっそく「モスクワ雪かき隊」も出動。

moscow10.jpg

でっかいシャベルで延々と雪かきをしてくれます。
寒い中かなりの重労働、おつかれさまです。


さてロシアの都市部の住宅はほとんどが集合住宅で、暖房はすべてセントラルヒーティング。

moscow06.jpg

こんな風に窓の下に管が通っていて、ここを暖かい蒸気が流れることによって部屋があたたまります。

これがまたあったかいんですよ。

よっぽどぼろいアパートだとか、ボイラーの調子が悪くない限り、とってもあったかい。外はマイナス10度とかでも、部屋の中ではTシャツ1枚で大丈夫だったりします。(おかげで日本の家が寒くてしかたありません)

この窓は最近直したようで、新しいプラスチック製の窓枠にガラスも分厚いのが1枚入っているだけですが、もともとは窓は木枠で2重のものが多いです。

こんな感じ。

moscow07.jpg

ロシアの家は冬に備えて造ってあるって、よ〜くわかります。

さて話は戻ってセントラルヒーティング。

暖かい蒸気はどこから来るのかというと、ここからやって来ます。


moscow09.jpg

どーん



巨大な煙突が立ち並び、水蒸気がもくもく出ております。
この辺の地区はこの工場(?)によってあっためてもらっているのです。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、真ん中よりちょっと左にある富士山を上に引き延ばしたような形の巨大煙突。

これ、はじめてロシアに行ったときに住んでいた寮の窓からも見えたんですよね。

で、シュトはこの煙突を見て

「ひえ〜、原子力発電所がこんなところにある〜〜〜!!!」

とめちゃくちゃびびったのです。

若い方は知らないかもしれませんが、むか〜しアメリカのスリーマイル島で原発が事故をおこしまして、テレビでその映像がよく流れていたのですが、そこにこれとそっくりの富士山型の煙突があったんです。

なので、シュトはこの施設をずーっと原発だと思っていたわけでして。。。
(ふつうに考えたら、こんな住宅街に原発があるわけないんですが、「いや、ロシアならやりかねない」とかってに思いこんでいたのでした。。。)


moscow08.jpg

こちらは別の地区のセントラルヒーティングの施設を遠くから見たところ。

寒さのために水蒸気が「きのこ雲」にような形になっている。。。


いまいちセントラルヒーティング=原発の呪縛が解けないシュトでした。。。

posted by シュト at 02:39| Comment(6) | TrackBack(0) | ロシアの光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっとモスクワも冬らしく?雪が降ったのですね。
やっぱり今年は暖冬なんだなぁー。
セントラルヒーティングっていいですね。
本当に日本の家は寒いんですよー。
そのくせ器具をつけると、ガスも電気も高い!!
このおかげで、モスクワも冬を乗り切っているのですね。
でも「きのこ雲」すごいですね。
Posted by belgium44 at 2007年01月26日 19:01
belgium44さんへ
今年はなんか記録的な暖冬だったそうです。
が急転直下で零下の世界。
ロシアってお天気も極端ですよね。

セントラルヒーティングはほんとに良かったです。お部屋だけじゃなくて、お風呂場にもあったし、アパートによってはトイレにもあったので、家中どこへ行っても寒くないんです。洗濯物も上に置いておけばすぐ乾くし。
資源大国だからできるのかもしれませんね。

「きのこ雲」はすごいでしょう!
寒くって水蒸気がすぐに雲になってしまうみたいです。ちょっと非現実てきな光景ですよね。
Posted by シュト at 2007年01月27日 00:35
家の中ではTシャツ一枚?
へ〜〜〜〜!
寒い国の方がむしろ暖房対策がしっかり
しているので、おうちの中は暖かいので
すね。
私の家もむちゃくちゃ寒いです…。
それにしても街の中に、この工場…
「デカい工場好き部」員の私にしてみれば
何ら問題はありません。
だけど変なの燃やしてなきゃいいけど…。
Posted by etranger at 2007年01月27日 13:11
ウチもとっても寒いです〜(キッパリ)
家中どこ行っても暖かいというのは本当にうらやましいです。
ところでこの施設、日本では焼却場の熱を利用した温水プール等がありますが、
これはズバリ、セントラル・ヒーティング専用施設なんでしょうね・・スゴイぞロシア。
若い方は知らないかもしれませんが(シュトさんのマネ(笑)、こういう煙突(複数
の長い方)を見るとピンク・フロイド(昔日のロックバンド)のアルバムジャケットを
思い出します・・
確かそれは発電所でした(げ・原発〜??)
Posted by タビ at 2007年01月27日 19:43
etrangerさんへ
お返事おそくなってすみません〜。
「デカい工場好き部」のetrangerさんなら、きっと大丈夫だとは思っていました。
この施設たしかに「へんなもの」燃やしてそうな雰囲気ではあるのですが、燃やしているの天然ガスだと思います。
なんせロシアは資源大国。
とはいえ去年はあまりの大寒波続きで「ガスが不足するかもしれない!」という危機的状態だったようですが。。。
しかし新潟でもやっぱり家の中寒いんですね〜。
日本って、冬に対してけっこうのんきなんだな〜(それとも資源がないからかしら?)。
Posted by シュト at 2007年01月30日 00:05
タビさんへ
お返事おそくなってすみません!
やっぱりロシアの冬は「生死」にかかわりますから、こういう施設だけは気合いが入ってますね。
暖房はアパートの階段や踊り場にも入っていて、よくホームレスの人が冬場に寝に来ていました(もちろん誰も追い出したりしません)。
おお〜、ピンク・フロイドと来ましたか!ジャケットだけは、なんか見たことがあります(聞いたことはないんですが)。たしかに雰囲気似てますね!
(やっぱり原発? 笑)
Posted by シュト at 2007年01月30日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。