2007年02月24日

赤の広場のマースレニッツァ

maslenitsa1.jpg


この時期、ロシアでは春を迎えるお祭りマースレニッツァがあります。今年のマースレニッツァは2月12日から18日まででした(キリスト復活祭の7週間前に行われるそうです)。

マースレニッツァは直訳すると「バター祭り」とでもなるのですが、そのせいか太陽を象徴していると言われる「ブリヌィ(ロシア風クレープ)」をたくさん焼き、それにバターをたっぷり塗って、イクラやお肉や果物のジャムやなんやかやと好きなものを包み、おなか一杯食べます。

といっても私もあまり詳しくはないので、マースレニッツァについてはmiyabyさんのこちらの記事、ブリヌィの作り方についてはマーミンカさんのこちらの記事をどうぞ。

さて、今年のマースレニッツァでは、冒頭の画像にもありますように、赤の広場でも一大イベントが催されたようです。友人が写真をたくさん撮って送ってくれましたので、その一部をご紹介しますね(今回は久しぶりに画像が多いです〜)。

maslenitsa9.jpg

さていつもががらんとしている赤の広場にはこのようにたくさんの屋台が並んでいます。

それだけでなく広場ではいろいろなゲームや遊び(たぶん伝統的なものが多いのかも)に参加できるようになっていて、大勢の人でにぎわっています。

maslenitsa2

こちらは竹馬コーナーですね。


maslenitsa6.jpg

こちらでは角材の上で枕で殴り合って落としっこをしています。


maslenitsa7.jpg

大縄飛びで、ぴょんと飛んだロシア娘。


maslenitsa8.jpg

こちらは射撃屋さんですが、なぜか景品のぬいぐるみが屋根から逆さづりになっていて、ちょっと不気味。。。


さてお祭りですから当然食べ物の屋台も出ています。きっとブリヌィもあるのでしょう。屋台の売り子さんたちはみんな民族衣装を着ています。

maslenitsa5.jpg

こちらはピロシキ屋さんでしょうか。手前の方にホフロマ塗りの大鉢が何個か見えますね。


maslenitsa4.jpg

こちらは女性の売り子さん。
着ぶくれてちょっとマトリョーシカな体型になっていますが、なかなかお美しいお二人です。

ちなみに彼女たちの手前上方から垂れ下がっているのは、うちのマトリョーシカでもおなじみのロシアの乾パン「バランキ」です。

さてトップの画像にあったワシリー寺院前の特設舞台では、道化の格好をした男の人を中心に、お客を巻き込んでのゲームか寸劇の様なものをやっているようです。

maslenitsa3.jpg

なぜかトイレット・ペーパーでぐるぐる巻きにされています。。。



こんなふうにすっかり大はしゃぎしているかんじですが、やはり昨今の世相を反映しておりまして、入口ではこんなふうにしっかりチェックされます。

maslenitsa10.jpg

この空港にあるようなチェックゲート、お祭りがあるとどこにでも出現するんです。


赤の広場は数年前、テロ対策のためかぜんぜんはいることができなかった時期がありました。それがここ最近はクリスマスにでっかいツリーがたってスケート・リンクが仮設されたりと、なんかすっかりイベント広場になっているようす。

でも本来、赤の広場ってそういうところだったんです。ロシア革命のずっと前、昔々は市場が立ったり、お祭りがあったりしたそうです。別に軍事パレードをやるためにあったわけではありません。

ちなみにこの日の気温はマイナス10度だったそう。
(着ぶくれマトリョーシカになってしまうわけです)

でもマイナス10度って、思ったほど寒くはないんですよ。
気持ちがいいくらいです。

友人によると昨日はマイナス20度だったそうで、さすがに寒がっていました。ちょっと前まで暖冬で雪なんてぜんぜんなかったのに、いきなりマロース(極寒)じいさんが来てしまったようです。

そんなわけでロシアでは、この時期ブリヌィをたらふく食べて(脂肪をつけて)、後もう少しつづく厳しい冬を乗り切るのでしょう。




posted by シュト at 02:01| Comment(6) | TrackBack(2) | ロシアの風習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ〜、懐かしい。。。
ワシリー寺院・・・
春を迎えるお祭り「マースレニッツァ」楽しそうですね!
屋台がとてもカラフルで、民族衣装を着ていて、私もその場で楽しみたいです。
この写真の日は、マイナス10度、雪がないのですね。
こうやって楽しいお祭りの裏方では、やっぱりチェックがあるのですね。
シュトさんは、マイナス20度は体験したことあるのでしょうか?
私はマイナス15度までならあります。
Posted by belgium44 at 2007年02月24日 02:48
belgium44さんへ
ワシリー寺院、数年前に修復が終わったばかりなので、今はとっても色鮮やかになっています。雪が積もるとそのコントラストがきれいなんですよね。
赤の広場に雪がないのは、このお祭りの前にがんばって除雪したからです。広場を除雪車が走り回っている写真も実はあるんですよ。
マイナス20度は経験あります。さすがに家の中にいても寒さを感じました。外にでると「寒い」というより「痛い!」という感じ。マイナス30度も経験あるのですが、その日はさすがに外には出ませんでした。
Posted by シュト at 2007年02月24日 18:58
 こんにちは。ブリヌイが大好きです。スメタナとハーブ野菜を乗せたりはさんだりした食べるのが、大好きです。時には豪華に赤いイクラも乗せたいものです。
 美味しいつくり方もマスターしましたから、もう大丈夫です。←?なにが大丈夫かな?
 春の到来の喜びは、厳しい冬を過ごす人々にはいっそうのものでしょう。だれだって、お祭り大好きで、それを理由にしていっぱい飲んで食べて踊って歌って・。
ホントはこのあとしばらくは、断食期間なのですよね。だあれも守らないでしょうが。
 今後も、おもしろく為になるロシアネタを多いに期待しております。
Posted by マーミンカ at 2007年02月26日 11:46
バター祭り?
私的には、なんだかむちゃくちゃストライク祭りじゃ
ないですか!
ぜひ一度、参加してみたいものです!(笑)
しかしTOP画像の寺院はなかなかいい味出してますね。
しょぼい新潟ロシア村でもそこまでの派手さは
なかったですよ!(↑意味わかりませんね…)
季節柄、寒々しく見えますが、やっぱり祭りですね…
みんなそれぞれ楽しそうですね☆
Posted by etranger at 2007年02月26日 12:46
マーミンカさんへ
コメントへのお返事、おそくなってすみません。
マーミンカさんの作ったブリヌィもとってもおいしそうですね。四角くたたむ方法、私もいつか挑戦したいと思います。
そうそう、ほんとうはこのあと断食期間なんですけど、ほとんど誰も守らないですよね〜。私の友人ももちろんやっていませんでした(笑)。
私が知っているロシアはまだほんの一部ですが、為になるかどうかはともかくとして、皆さんにいろいろ伝えられたえらと思いますので、これからもよろしくお願いします。
Posted by シュト at 2007年03月01日 21:58
etranger さんへ
お返事おそくなってすみません。
バター祭りと聞いてどんな想像したんでしょうか?まあ、たしかに飲んだり食べたりはたくさんあります。ブリヌィにもた〜くさんバターを塗るとおいしいんですよね。ロシアのバターは塩っ気がなくて、クリームみたいな感じで私は大好きでした。そのまま食べてもおいしいと感じるんです。だからと言ってそのまま食べ続けたら、ロシアの年配の女性の多くがそうなように、マトリョーシカな体型になってしまいますが(笑)。
ああ、しかし、もし新潟ロシア村がまだあったら、マースレニッツァもあったかもしれませんね。うーん、返す返すも惜しい。。。
Posted by シュト at 2007年03月01日 22:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2006年2月 川崎 生田緑地 その2.5 !?
Excerpt: で、やっぱり広い公園。 となると、こんな方も現れます。 長さ2メートルの竹馬。 これで、歩くと速く歩けそう。ひょっとして、ジャンピングシューズよりも、速い? でも降りるときはど..
Weblog: マイ・つるかわ・生活〜鶴川住人日記、東京近郊おでかけメモ、キャンプのメモ
Tracked: 2007-02-24 20:08

マースレニッツァ(масленица неделя)
Excerpt: ロシア在住の皆様によりますと、今年の「マースレニッツァ(масленица неделя)」は2月12日から18日、つまり今週だったようです。 マースレニッツァって何?というかたは以下をご参照く..
Weblog: ロシアねた
Tracked: 2007-02-25 00:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。