2007年03月09日

ロシアのパン

pan1.jpg


「ロシアの食べ物で、今一番食べたいものはなに?」


と聞かれたら、シュトは


「パン!」


と答えるでしょう。


ああ、ロシアのパン。。。


日本人には「固い」「ぱさぱさしてる」と不評のことが多いのですが、シュトはこの「歯ごたえ」が好きでした。

なんていうか「腰がある」感じ。

ロシアに行く前は、ごはん派のシュトにとってパンはおやつみたいなものでしたが、ロシアに来て、こういうパンなら「主食」になるな〜と思ったものです。

もちろん日本のパンはパンでおいしいと思うのですが、なんかロシアのものとは質がちがうんですよね。

というわけでそんなシュトびいきのロシアのパンたちをご紹介しましょう。


pan1_2.jpg


右側。楕円形で、絵に描いたような「西洋のパン」という形をしているのが「バトン・ナレーズニィ」と言います。「ねじのような切れ目がある」という意味みたいです。

ロシアの白パンの中でも超スタンダードな形。日本のパン屋のどこに行っても四角い食パンがあるように、ロシアのどこに行ってもこのパンがあります。

シュトはこのパン好きでした。

これにロシアのバターを塗って食べると、ほんとうにおいしい。。。

ちょっと甘みがあるんですよ。

あとこれにお茶があれば、他にはなにもいらないという感じでした。気がつくと半分くらいあっという間になくなってしまいます。

となりの丸くて黒っぽい方が黒パンの「ストリーチニィ」。意味は「首都の」。これもとってもスタンダードな黒パンですね。黒パンなので酸っぱいです。


pan2.jpg

こちらは「ナレーズニィ」と「ストリーチニィ」の断面図。

色の違いわかりますか〜?

白パンに較べると、黒パンはずっしり重いです。生地の目も詰まっているので、白パンよりも薄く切って食べます。


pan1_3.jpg

ドーナツ型のものたちは「スーシキ」。

「スーシキ」というのは「乾いた」という意味があるのですが、その名のとおり乾パン系のパンです。

うちのお店のマトがよく持っている「バランキ」と形は似ていますが、バランキはもっと大きくてやわらかいそうです。こちらの「スーシキ」はもっと固くて、ガジガジ囓らないといけません。

なので、お茶といっしょに食べるのが一般的。大小2種類ありますが、大きい方には芥子の実がついてます。


pan4.jpg

こちらも超スタンダードな形の黒パン。名前は「ダルニツキー」。ウクライナのダルニッツァという地名にちなんでいます。

シュトが最初にロシアに行ったときは、パンと言えばこればかり。
白パンはすぐになくなってしまって、いつも買えるとは限らなかったのですが、これはいつでもあったので、よく食べていました。

この写真のものは2分の1の大きさなのですが、こういう方形のパンのことをロシアでは「レンガ型」と呼んでいます。これもずっしり重いです。ほんとにレンガみたいです。


pan5.jpg

こちらも黒パンの一種。上にウイキョウの実がついていて香りが強いです。名前は「ボロディンスキー」。「ボロジノ」という地名にちなんでいます。

黒パンというと「酸っぱい」というのが定番なんですが、これはいろんなものが入っているみたいで甘みがあり、日本人にも好まれる味だと思います。

ロシア人もやっぱり好きみたいで、スーパーではすぐになくなってしまいます。(あとに残っているのは酸っぱい黒パンばかりだったりする 笑)。


今回紹介したのは、ほんとうに昔からあるスタンダードなタイプで、大きなパン工場で作られて朝運ばれて来ます。

値段も安くて、私がいたときで、「ナレーズニィ」がだいたい10〜12ルーブル(約40〜48円)、黒パンはもっと安くて6〜8ルーブル(24〜32円)くらいです。

モスクワではここ数年いろんなパンが増えています。スーパーでは日本で見るようなビニール袋入りのロールパンや、ホットドッグやハンバーガーに使うようなパン、食パンのように切ってあるものなどもよく見かけるようになりました。

でもこういうパンって、だいたいおいしくありません。ぱさぱさしてるし、風味もないです。なのに上記のパンより高かったりする。

またここ数年の傾向として、大きなスーパーではパン焼き場を併設しているところが増えていて、様々な種類の自家製のおいしいパンを売っています。これはかなり魅力的なのですが、でもその分やはり値段はかなり高め。

毎日食べるにはちょっと・・・。

で、けっきょく安くておいしい「いつものパン」に戻ってしまうシュトでした。

しかし、ああいう「腰のある」パン、日本では売ってないのかなぁ。。。
posted by シュト at 20:04| Comment(10) | TrackBack(0) | ロシアの食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、ちはやまこと と申しますm(_ _)m
日本でも、ロシアパンってありますが、ぜんぜん違うんでしょうね。日本のパンは、軟らかいみたいですし(^O^)
あと、パンを敷いてる花柄のマットがかわいいですね(^O^)
Posted by ちはやまこと at 2007年03月09日 23:41
ロシアのパン、とても面白い特集ですね!
薄く切ってないパン、原型のままで見るのははじめてです。
たった1度行ったロシア、毎食パンは薄く切って置いてましたが、
まったく印象がなくて・・・・
紹介のパンだったのかしら?これも不明。
多分私は、白パンのほうが好きかなぁ〜。
そしてドーナツ型のパン、私もはじめ「あ!マトちゃんの・・・・・」と思いましたが、
また違うものなのですね。
でも、美味しくないパンのほうが高いなんて・・・・
今回はスタンダードなパンの紹介ということは、
まだまだいろいろあるのですね。
Posted by belgium44 at 2007年03月10日 00:33
ちはやまことさんへ
はじめまして!
コメントありがとうございます。
ロシアのパンはほんと日本のパンと違います。ロシアのパンは日本のパンにくらべると、ほんとに身がしまっています。ふんづけても、そうかんたんにつぶれない感じです 笑。
パンの下に敷いてあるマットは、ロシアで普通に売っているものですが、なにげにカワイイものがあるんですよ。
でもやっぱり日本に売っているものとは質やサイズがちがいます。
食べ物ねたはこれからもときどきやりますので、よかったらまた遊びにきてください。
Posted by シュト at 2007年03月10日 15:18
belgium44さんへ
ロシアのパンは、ホテルや飛行機では薄く切った状態で出てきますから、原型ってわかりにくいですよね。
サイズを書くのをわすれていましたが、白い楕円形のはだいたい長さが25cmくらい、丸いのは直径18cmくらいでしょうか。
市場や昔ながらの小さい店だとこんなのがボンボンボンっと置いてあるんですよ。朝一に行って、その日に焼けたパンを買って食べるのが一番おいしいです。
最近の袋入りのパンは、どこでどうやって作ってるのか知らないですが、おいしくなくても包装代分がかかって高いのかもしれませんね。
Posted by シュト at 2007年03月10日 15:55
食べ物ネタにはいつも食いつく私・・(笑)
朝は絶対、パン!というパン党ですが、知識はぜんぜんありません。。。
画像だと「丸い黒パン」と一番下の黒パンが私好みっぽいのですが、
黒パンって酸っぱいのですか?
アルプスの少女ハイジのお話で、白パンをペーターのおばあちゃんに食べさせたくて
クローゼットか何かに隠してた、というのがありましたよね・・
黒パンは酸っぱいからハイジも好きじゃなかったのかな?(笑)
でもホントにパンは好きなので「ロシアのパン」味見したいものです♪

Posted by タビ at 2007年03月10日 21:32
う〜〜〜〜む…
ロシアのパンも侮れないんですね☆
一番上の最初の写真を見たとき「うわッ!固そう!」と
思いましたが、カットした断面の画像を見ると、そうでも
なさそうですね〜。
なんだかしっかり詰まっている感じがしてとっても美味しそう!
私もこういう感じなパンは好きです。
噛むほどに味が出てくる…みたいな…。
そういえば「ロシアパン」って見たことないなぁ…
ぜひ一度食べてみたいです。
※昔、山崎パンから「ビッグロシア」というパンが
発売されていましたが、全然違いますね。(笑)
Posted by etranger at 2007年03月12日 12:48
etrangerさんへ
そうそう見た目すごく固そうなんですよ。でもフランスパンみたいな感じではなくて、中はけっこうやわらかいです。この「詰まっている感じ」が良いんですよね〜。
でもロシアではほっとくとどんどん乾燥して、ほんとうに石みたいに固くなりますが 笑。
私も「ロシアパン」ってみたことないんですよ。どんなものなんだろ?
と思って、今ググッてみましたが、どうもこの「ナレーズニィ」の形に似せているらしいです。でも上に砂糖がかかっていて、やっぱりやわらかそう。
見た目でなく、歯ごたえがロシア風なパンを食べたいな〜。
Posted by シュト at 2007年03月12日 21:30
タビ さんへ
お返事が遅くなってすみません!(すでに書いたと思いこんでいました)
黒パンは種類によって若干の違いはありますが、酸っぱいです。
私も子供の頃、ハイジを観ていて、なぜにおばあちゃんがあんなに白パンにこだわるのかがわかりませんでしたが、ロシアに来てわかりました 笑。
やっぱりあの歯ごたえでは、歯の弱いお年寄りにはきついかもしれません。。。
ハイジやペーターは気にせず食べていたような記憶があるのですが、やっぱり白パンの方がおいしいと思うのかな?
学生時代、ロシア人の先生が「日本では黒パンがたべられない〜」と言って嘆いていたのを思い出します。
今はネットで注文できるみたいですよ。
Posted by シュト at 2007年03月12日 21:37
ロシアのパンは本当においしいですよね★バターも最高!でも、一番のお気に入りはスメタナをパンにつけて食べる事!!日本にもスメタナ輸入されないのですかね〜。。
Posted by yama3 at 2007年03月14日 12:50
yama3さんへ
いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます!
私も黒パンにはスメタナが合うと思います。パンにこってりスメタナを盛ってパクつくのは、ロシアならではのぜいたくですよね〜。
私も前々から日本にスメタナが輸入されないかと期待していますが、来ないですよね〜。ロシア製品て天然すぎるから日本につくまでにくさっちゃうのかな。。。
Posted by シュト at 2007年03月15日 02:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。