2007年03月24日

雪のモスクワ3 雪化粧の聖堂たち

vasiry01.jpg



もうすっかり春めいてきましたのに、しつこく雪の写真が続いておりますが、今日で最後です。

久しぶりの巨大ロシア雑貨(ロシアの聖堂)


トップの写真はご存じ赤の広場のワシーリー聖堂

極彩色のタマネギたちの上にうっすらと白い雪が積もっておりますが、なんか粉砂糖のかかったお菓子みたいに見えるのはシュトだけでしょうか(かじりつきたい衝動に駆られます 笑)。

ロシアの聖堂は極彩色のものが多いのですが、雪をかぶるとそのコントラストがとてもステキなんですよね。

長い冬の間は真っ白な雪にずっと閉ざされてしまうから、せめて建物だけでもこんなふうににぎやかな色合いにしているのかなと、ふと思いました。



unknown_church01.jpg


こちらは赤の広場近く、ロシアホテル(解体中)の脇の寺町通(シュト命名)にある聖堂。

シルエットがキレイ(電線が邪魔なのがおしいですが)。


unknown_church02.jpg

夕日を浴びて、金色に輝くタマネギ。
上半分だけ雪が積もっているのところがポイントですね!




unknown_church03.jpg

寺町通沿いの建物。



unknown_church04.jpg


unknown_church05.jpg

青空をバックに、屋根の上の金色の風見鶏も光っています。


こういう晴れた日というのは、じつは雪の日よりも寒いんですよね。でもこのピーンと張りつめた感じの空気、好きだったりします。

(寒いと空気がきれいになったような感じがするのはなぜなのかな。ほこりも凍ってしまうんだろうか。)


--------


さてしばらく食べ物や風景が続きましたが、次回からは雑貨屋の本分(?)に戻って、春らしいカワイイものもご紹介していきたいと思っています(あくまでも予定ですので、突然変わるかもしれません。。。)

それではまた。
この記事へのコメント
粉砂糖がかかった玉ねぎたち、本当にキレイですね。
寒い日の青い空や空気、私も好きです。
晴れた日の方が寒いのって放射冷却とか?それって夜の現象でしたっけ??
(気象予報士にはなれませんワ〜)

風見鶏、こんなに勇ましいのは初めて見ました〜。
↓下の記事のつららをカットしてもらいたいですね(笑)
Posted by タビ at 2007年03月24日 13:32
タビさんへ
ロシアの冬の晴れた空はほんとに高くて澄んでいて、色もキレイなんです。もちろん寒さも−20℃とかになると、あんまり悠長なことは言ってられないのですが。
私も気象はてんでよくわかりません。
高校の授業で、天気図書く課題があったんですけど、ぜんぜんできませんでした(笑)。
↓この風見鶏、カッコイイでしょ?
ちょっと持って帰りたい衝動に駆られます(って、飾るような屋根はないんですけどね 笑)。
Posted by シュト at 2007年03月26日 21:29
ん〜〜〜〜ワシーリー聖堂のオブジェが欲しいです!
「カワイイもの好き部」員には、これはツボにきますね。
このカタチは憎めないですよね〜♪
このカタチを考えた人はなかなかいい感覚の持ち主ですね☆
寒い日は空気が澄んでいる…の件ですが…
雪があるからホコリもたたないのではないでしょうか?
Posted by etranger at 2007年03月26日 22:37
etrangerさんへ
ワシーリー聖堂はやっぱりファンが多いですね!
このおもちゃ感覚が私もツボにきます。
寒い日に空気が澄んでいるのは、雪でほこりがたたないからなのですね!
そういえば、ロシア人の友人が「モスクワの雪は汚い」って言ってました。
よごれを全部吸い取ってくれてるようです。
車の上に積もった雪とかが溶けると、そのあとにどろどろが残っているんですよね〜。
ふだんこれがぜんぶ空気に含まれているかと思うと、ちょっとこわいです。。。
Posted by シュト at 2007年03月27日 21:31
シュトさん、お久しぶりです〜♪
ちょっとエキサイトのほうが大変だったので訪問できませんでした。
こういうねぎ坊主の建物に粉砂糖が・・・・っていう表現、
とっても可愛いです☆
なんだかデコレーションケーキの飾りのようです。
(最近は、お家とかの飾りってないのかな?)
寺町通って、あら!京都と同じ名前が・・・と思ったら、
シュトさんがつけたのですね(笑)
やっぱりてっぺんはみんな綺麗ですね!
次回のカワイイものも楽しみにしています。
Posted by belgium44 at 2007年03月28日 23:16
belgium44さんへ
そうそう私もロシアの聖堂って、デコレーションケーキ見たいだといつも思います。極彩色のものにしても、白壁のものにしても、なんか「おいしそう」なんですよね。
「寺町通」は私が勝手につけました(笑)。でも、実は京都の寺町通の名前を拝借したんですよ。
ロシアの教会のタマネギ屋根というのは、すごく町並みのアクセントになっていて、目を楽しませてくれます。
次のカワイイものは。。。
もう少しお待ちくださいね。
Posted by シュト at 2007年03月29日 23:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。