2007年08月11日

ロシアのくまのプーさん そして夏休み・・・

残暑の候、みなさまいかがお過ごしですか?
今日からお盆休みという方も多いのではないかと思います。

実はうちもそうなんですが。

このまま休みに突入すると、ブログ更新ワースト記録を達成してしまうので、お出かけ前に更新していかねば、と思ったしだいです。

なので、今回はちょっととりとめない内容となっております(っていつもそうかもしれませんが)。

さて前置き(いいわけ)はこのくらいにして、実は今発売されている「spoon」の2007年8月号がなんとロシア特集なんですね〜。

シュトもこちらで教えていただきました。

『ミールイ ロシア!』というタイトルで、16ページに渡ってロシアのカワイイものが紹介されています。取材地はハバロフスクなんですが、シュトがモスクワにいたときに買っていた牛乳パックとか載ってたりして、ちょっとなつかしい。

そして、やはりこちらでもメインで紹介されているのですが、ロシアのくまのプーさん、「ヴィニ・プーフ!」が取り上げられているのです!


「ヴィニ・プーフ!」とは?


実はロシアではチェブラーシカに負けず劣らず大人気のキャラクター。

イギリスのミルンの原作を、ロシアの児童文学作家が新解釈して作られたものなのですが、なんとも愛嬌があって、ほのぼのとして、ちょっと「おばか」で笑えます。


womanday_poo_L.jpg

こちらはうちにいた「ヴィニ・プーフ!」

このどう見ても「タヌキ」にしか見えない、コロコロした動物が「ヴィニ・プーフ!」
でもクマなんです。
はちみつ大好きです。

「他にもいなかったかな?」と探してみたところ、こんなのもありました。


vini_phooh.jpg

これはミルク・キャンディーかなんかの包み紙で「ヴィニ・プーフ!」とは書いていないのですが、この「タヌキ顔」はあきらかに「ヴィニ・プーフ!」を意識していると思われます(ちょっとおっさんっぽいですが)。


ところでシュトの友人はこの「ヴィニ・プーフ!」が大好き。

ある日、シュトはチェブラーシカの絵本が買いたくて、この友人といっしょに本屋へ行きました。

けっこう大きな本屋だったのですが、チェブの本はいがいに少ない。
店員さんにも聞いていろいろ持ってきてもらって品定めをしていたところ、友人が1冊の本を手にして近寄ってきました。


友人  「シュトさん、こっちの方が面白いです!」

シュト 「んん??『ヴィニ・プーフ!』?」

友人  「ロシアではこっちの方が人気があります!」

シュト 「でも、日本人は知らないよ〜」

友人  「チェブラーシカはさびしいです!こっちの方が楽しいです!!!」

シュト 「・・・。(たしかにそうかもしれんけど)」


というわけで、結局「ヴィニ・プーフ!」の絵本も1冊買った(買わされた)のでした。。。

その本はロシアに置いてきてしまったのでご紹介できないのですが、ミルンの原作にあの「タヌキ顔」の絵がついたものだったと思います。


ちなみにチェブラーシカの絵本はしっかり持って帰ってきております(笑)。

それがこれ。

cheb_book00.jpg

「ワニのゲーナの休暇」という題名で、夏休みがテーマです。


cheb_book03.jpg

おなじみの3人(?)がいろいろトラブルに巻き込まれながら(巻き起こしながら?)も、バカンスを楽しんでいます。


ところで夏休みといえば、ロシアでは7月から8月にかけて、だいたい1ヶ月くらいまるまる休む人が多い。

なのでこの時期、ロシア人、いないいない

シュトの友人も実家に帰っていて、ただいま音信不通。。。
(もうそろそろ帰って来るはずなんですが)

夏休みを迎えたロシア人は、もう心ここにあらず。
捕まえるのは至難の技なのでした。。。


とはいえ8月半ばを過ぎるとロシアの夏は終わりに近づき、すでに秋の気配。シベリアではもう、朝晩は5〜15℃だそうです(寒そうだ)。

これからやってくる長い長い冬をのりきるためには、お日様を思いっきり浴びて(ロシア人は日光浴が大好き)、夏を思いっきり楽しむことが不可欠なのでしょう。

というわけでシュトはこれから一足遅れて夏休み。
コメントの返信も15日以降になると思います。
みなさまもどうぞよい夏をお過ごしくださいませ。

それでは。
posted by シュト at 16:27| Comment(12) | TrackBack(2) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヴィニ・プーフ?
う〜ん、聞いたことなかったですね…。
たしかに黙っていたら、タヌキに間違えそうですね!
チェブに比べたらやはりカワイさでは負けてるような
気がしますね…。

やはりロシアの夏って恐ろしいくらいに短いのですね…。
その分、夏を楽しむ術を知っているようですね!
Posted by etranger at 2007年08月12日 01:26
ヴィ二・プーフってうーん・・・、どう見たってタヌキにしか見えないのですが(^_^;)
あと、初めて『spoon』って雑誌名を聞きましたが、ロシア特集が気になるのでチェックしたいと思います♪
Posted by ちはやまこと at 2007年08月12日 23:59
ふふっ。タヌキっぽさも可愛いですが、「ヴィニ・プーフ!」の「!」が必須っぽいのが
また良いですね〜。
「ヴィニ・プーフ。」でもいいかも?(笑)
この帽子を被った女の子はどう見てもクリストファー・ロビンではないようですが・・
誰でしょね?

猛暑の日本にいると「お盆過ぎには秋の気配」のロシアがちょっとうらやましい〜!
Posted by タビ at 2007年08月13日 01:31
ヴィニ・プーフ!、youtubeに3話ほどアップされてますが、どれもとってもカワイイ!
(しかしどうやらクリストファー・ロビンは
ヴィニ・プーフには出てこないようですね。)


「タヌキ顔」のキャンディーとかグッズがとっても気になる今日このごろです。
Posted by つやつや at 2007年08月15日 23:12
etrangerさんへ
お休み中、コメントありがとうございました。すっかりお返事おそくなってすみません。
「ヴィニ・プーフ!」知らないのが普通だと思います。でもとうとう日本の雑誌にもとりあげられるようになりました。
もしかしたら、チェブのように有名になるかもしれません。

ロシアの夏はほんとうに短いです。感覚としては6月7月がメインで、8月はもう秋。だから夏を楽しむことにかけては、ロシア人は全力をかけているような気がします。ある意味無邪気で、夏休みをまちわびる小学生のようで、カワイイところもありますね。
Posted by シュト at 2007年08月16日 23:46
ちはやまことさんへ
暑いなか、コメントありがとうございます。お返事おそくなってすみません。
そうですよね〜。タヌキにしか見えませんよね〜。
でもよく考えたら、ロシアにはタヌキいないから(たぶん)、ロシア人にはクマにしか見えないのかもしれませんね。
一度日本のタヌキの絵をみせて、反応を見てみたいところです。
Posted by シュト at 2007年08月16日 23:49
タビさんへ
お休み中、コメントありがとうございます。お返事おそくなってすみません。
そう、なぜか「ヴィニ・プーフ!」と書いてしまいます。別に必須ではないのですが。つい。
このハガキは3月8日の女性の日のカードで、女の子はふつうのロシアの女の子だと思います。着ている服とか、けっこうリアル。
シベリアはもうコート着用だそうですよ。日本にいると信じられませんね。。。
Posted by シュト at 2007年08月16日 23:56
つやつやリーダーさんへ
つやつやリーダーさんのおかげで、日本にいながらヴィニ・プーフ!を観ることができました。感謝です!
チェブラーシカより明るいとはいえ、やっぱりオープニングの曲とか、哀愁がありますよね〜。
私はクレヨンか色鉛筆で描いたような背景もお気に入りです。
ピタチョーク(ピグレット)が、なんかけなげで、ヴィニ・プーフが幼い弟の面倒を見るようにしているのが(ときどきはずしているけど)なんか泣けてきます。
たしかにこれを見てしまったら、日本のタヌキグッズもヴィニ・プーフに見えてきてしまいますね。
Posted by シュト at 2007年08月17日 00:02
シベリアの気温、今の日本の約半分以下だぁ〜。
ちょっとバテ気味なので羨ましい。
私も、「ヴィニ・プーフ!」ははじめて知りました。
しかも「spoon」の特集が、ロシア特集だったとは!
これも知りませんでした、本屋さんへ行かなければ・・・・
本当にタヌキのようにしか見えませんが、将来
チェブラーシカのように人気になるかしら?
Posted by belgium44 at 2007年08月17日 02:24
belgium44さんへ
私もすっかりバテ気味なので、うらやましいところなのですが、夏が大好きなロシア人にとっては、寂しいことなのかもしれませんね。
ロシア雑貨屋のくせに(笑)、私もspoonの特集のことをつい最近まで知りませんでした。
しかも近くの本屋にはなかったので、電話で大きな本屋さんに問い合わせて、お取り置きしてもらって電車に乗って買いに行ってしまいました(笑)。
ロシアがこんな雑誌に特集されるようになるなんて、数年前までは考えられなかったことなので、なんか不思議です。
Posted by シュト at 2007年08月17日 11:03
ロシアのクマのプーさんの顔、ロシア人ぽいです。家にも、ヴィニ・プーフの新年カードがあります。サンタの格好してます。

モス五輪の小熊ミーシャについてですが、日本の名鉄運輸のマークにも似てません?
帽子のMは名鉄のMでしょうけど、ミーシャにも見えますね。
http://www.tohokumeitetsu.co.jp/wall.html
この夏、ポーランドの人気アニメ「おやすみクマちゃん」
http://oyasumi-kumachan.com/index2.htmlが日本各地で上映されていますが、その子の名前も片耳ミーシャ。片方の耳が折れています。原語でミシ・ウシャテクと言うのですが、ミシャ、ミーシャですね。
とてものどかでよくできたアニメです。ぜひご覧ください。
Posted by フデ at 2007年08月17日 23:13
フデさんへ
わたしもこの前出かけた時に名鉄運輸のトラックを見かけて、「小熊のミーシャに似ている」と思ったところなんです。
もしかしたら、参考くらいにはしているのかもしれませんね。

「おやすみクマちゃん」はこの同じSpoonの中でも2ページに渡って、大きくとりあげられていますよ。
前にフデさんが紹介されていたので、すぐにわかりました。
色もきれいだし、細部までとても丁寧に作られているようですね。
ぜひ見てみたいです。
Posted by シュト at 2007年08月19日 11:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

すい臓がん
Excerpt: すい臓がんについて
Weblog: すい臓がんサイト
Tracked: 2007-08-11 16:34

動物がすごい
Excerpt: ギリシャ神話では、ニンフ(精霊)のカリストが大神ゼウスによって強引に妊娠させられた上、ゼウスの妻ヘラの嫉妬によってクマに変身させられるという悲劇に見舞われた(おおぐま座を参照)。中国ではクマの手のひら..
Weblog: 動物がすごい
Tracked: 2007-08-12 17:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。