2007年08月21日

イズマイロヴォのクレムリン&ちょこっとお知らせ

さて前回、雑誌「Spoon」のロシア特集のご紹介したばかりなのですが、なんと先日発売された「雑貨カタログ 10月号」が、これまたロシア特集なんです!!!

zakka_catalogue.jpg

特集名は「ぬま伯父さんのロシアのかわいいを探す旅 モスクワ・蚤の市編」



「ロシア」「かわいい」



10年前、この二つの単語が結びついて使われるなんて、誰が想像できたでしょうか。

「ロシアが好き」と言うと奇妙な目で見られたあの時代。

時代は変わったのですね。。。(遠い目)



と、感慨にひたるのはいいとして、ここで「蚤の市」と呼ばれているのは、以前シュトもご紹介したことのあるおみやげ市場、イズマイロヴォのヴェルニサーシュのことでございます(雑貨カタログでは「ベルニサーシュ」と表記されております)。

で、以前のご紹介記事ではヴェルニサーシュの横は「でっかい木造教会がある小さなクレムリンのようなのも建設中で、いったいどうなっていくのかよくわかりません」と書いていたのですが、


実はほんとうにクレムリン作っていたようです。


そして最近、やっと完成した模様(なにせロシアなんで、工事は何年もかかっておりました)。

izmairovo_kremlin04.jpg

工事中の現場


その名は「イズマイロヴォのクレムリン」

※注 クレムリンという言葉はモスクワの赤の広場にあるものの固有名詞ではなく、元々は「城塞」という意味で、中世ロシアの多くの都市が備えていました。ちなみに「イズマイロヴォ」というのはこのへんの土地の名称。


こ〜んなパンフレットを友人が送ってくれました。

izmairovo_kremlin01.jpg


赤い方はクレムリンの概要で、結婚式もできるし、いろんなイベントがあるよ!みたいなことが書いてあります。

izmairovo_kremlin02.jpg

クレムリン内の一番大きな建物は「聖ニコライ教会」。

それからピョートル大帝のお父さんの時代にあった、世界第8の不思議と呼ばれた木造宮殿なども再現されています(中はレストラン)。

で、シュトは工事現場も見ているのでわかるのですが、ロシアの凄いというか、らしいところは、これをぜんぶ昔と同じように木とかレンガで作っているところなんですよ。

日本だったら、外側だけ再現して中は鉄筋コンクリートっていうのが多いじゃないですか。

でもロシアって、いまだに木とレンガが現役。

材料からしてそうなので、存在感が半端じゃありません。
ちゃちくないんです。

教会はすぐ近くで見たことがあるんですが、野外博物館とかで見た「本物」に優るとも劣らない出来具合でした。


右の黒い方はおみやげ屋さん施設「ロシアの財宝」の紹介。

izmairovo_kremlin03.jpg

ここも工事中からやっていたので見たことありますが、ロシアの伝統的な雑貨は一通りあります。質も良い物が揃っています(その分、横のヴェルニサーシュよりちょっとお高めかもしれません)。


しかしこんなのができちゃうなんて、さすがに登り調子のロシア経済。
観光客誘致にも気合いが入ってきています。(この勢いでできればビザもなくしてほしいんですが。。。)


ちなみにイズマイロヴォ・クレムリンの公式サイトはこちら
http://moscow-vernisage.com/index.php
いちおう英語もあるんですが、そちらの方はほとんど機能していません(やっぱロシアだ。。。)
posted by シュト at 21:52| Comment(9) | TrackBack(0) | モスクワ買い物どころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シュトさ〜ん!
今、手元にありますよ〜雑貨カタログ。
今日スーパーに行ったついでに本屋さんに寄ったのですが『そうだ、spoonあるかしら?(遅っ)』と店員さんに聞いたところ売り切れ・・ガクッ。
なんとなく棚を見ていたら・・この表紙にひかれて手に取ると白チェブが〜〜。
普段「雑誌」は出来るだけ買うのを我慢しているので(苦笑)、雑貨カタログも初めて購入しました。
(この間シュトさんが「月光荘」が載ってると教えてくれた号も立ち読み(笑)
今日は姪っ子たちのお守をしていたので、彼女らがゲームコーナーで遊んでいる間に
ベンチで読んでいたら、おおっ「ロシア雑貨店」が〜♪
マトが目を引いたのであの中で一番に目に付きましたよ。

ヴェルニサーシュ、楽しそうですね〜。
フリマのおばあちゃんと値引きバトルしてみたいものです。
「熊回し」は載ってませんでしたね(爆)

ところでイズマイロヴォのクレムリンって・・・
思いっきり商業施設なんですか?
Posted by タビ at 2007年08月21日 23:10
タビさ〜ん!(笑)

はじめて買った「雑貨カタログ」にうちの広告が載っていたというのは、もう運命ですね(笑)。
実は「どうやったらあの中で目立つことができるか?」と考えて、なるべく色味のある写真を選んだんです(他はナチュラル系の淡い色合いが多かったので)。
気づいてくれてうれしいです!!

わたしもふだんはあまり雑誌は買わないようにしているのですが、ロシア特集となると電車に乗ってでも買いにいってしまいます(Spoonは電話予約して取り置きまでしてもらって買いにいきました 笑)。

おばあちゃんと値引き合戦いいですね〜。
しかしロシアのばあちゃんはメチャクチャ強いですよ。なんせソ連時代を生き抜いておりますから。
でも「か弱いもの」をこよなく愛す人々なので、ここは「イポンカ(日本人女性)」の特性、「小さい」「子供っぽい」を押し出せば、にこにこしておまけしてくれたりします。

熊回しありませんでしたね〜。
熊もおじさんもけっこうやる気ないから、ぬま伯父さんのかわいいの範疇にははいらなかったのかしら。。。

イズマイロヴォのクレムリンは思いっきり商業施設ですよ〜。
プーチンさんもいません(笑)。





Posted by シュト at 2007年08月22日 15:43
シュトさん、こんばんは〜♪
「雑貨カタログ」今月も買いました〜。
ロシア特集でしたね、すぐにシュトさんを思い出しました。
でも、シュトさんのshop、まったく見逃していて・・・・
今さっき、見つけましたよ〜!!
イズマイロヴォのヴェルニサーシュ、行ってみたいですね。
思いっきり観光客してみたいです。
本当についでにビザなくせ〜♪
Posted by belgium44 at 2007年08月23日 22:52
そうそう!
最近、なにかと「ロシア」と「かわいい」という2つのワードを
結びつけたフレーズを目にするようになりましたね☆
これはロシアの日本進出の作戦なのでしょうか?
それとも日本人がTDLに飽きはじめてきたからでしょうか?(笑

それにしてもロシアは建物を再現する時に昔のテイストで
作っちゃうところがすごいですね。
なんだか力の入っているところが違うような気もしないでは
ありませんが観光客には嬉しいことですね☆

雑貨カタログにはシュトさんとかも映ってるの?
Posted by etranger at 2007年08月24日 13:03
belgium44さんへ
やはりbelgium44さんは「雑貨カタログ」愛読者なのですね。
うちショップの紹介はとっても小さいので、見つからない方が普通だと思います(笑)。

わたしもクレムリンのできあがったイズマイロヴォのヴェルニサーシュ行ってみたいです。
あと以前はあまり蚤の市の方は見てなかったので、こんどはおばあちゃんたちのところでお宝探ししてみたいですね。
それからもっと奥の方では、あやしい骨董とか、売れない(?)画家が絵を売っていたりとかあるので、そのへんも探検したいですね。

最近はロシアの外国人ビザ取得・登録もシステムが簡素化されてきているので、わたしも廃止まであとちょっとではないかな〜と、期待してまっています。
Posted by シュト at 2007年08月24日 20:32
etrangerさん
実はわたしもこの「ロシアかわいい作戦」の裏には、なにかロシア側の秘密計画があるのではないか?と疑っていたりします。
実際、この「ぬま伯父さん」のツアーのバックには「ロシア連邦外務省付属ロシア国際文化協力センター」というのが付いているようなんですよ。
はたして目的は???(笑)

とはいえ、ロシア好きにとっては、「あのロシア」がこんなふうに親しみを持たれるようになるのはうれしい限りです。

あ、あと建物の再現ですが、「昔のテイストで作っちゃう」というよりも、「昔から作り方があまり変わっていない」と言ったほうが合っているかもしれません。
わたしの友人のダーチャ(郊外にあるセカンドハウス)も丸太組みで、基本的には教会と同じなんですよね〜。
自分で作っちゃう人も多いみたいですよ。

Posted by シュト at 2007年08月24日 20:42
雑誌みました〜!シュトさん、すごいなぁ。

私は"またロシアに行きたいな"と思いつつも
ビザが簡単ではないので、そう易々と行けないです。
前は"家族ビザ?"かなんかで行ったんですが
観光visaって簡単に取れるんでしょうか?
ホテルとか全部予約済みじゃないとダメって聞きました。

いまいちシステムが分かってない私です〜
Posted by yama3 at 2007年08月25日 10:00
yama3 さんへ

観光ビザの場合は、事前にホテルを予約し、そのホテルから「バウチャー」というのを発行してもらってから、ビザの申請をします。
旅行会社に頼む場合は申請用紙を書いて、パスポートを渡してしまえば、全部手続きしてくれるので簡単ですよ。もちろん、安くするために自分でホテルを予約してやることも可能でしょうが、よっぽど慣れていないかぎりオススメはできません。
ちなみに自分でビザ申請する場合は、領事館へ行って申請書とパスポートを提出するんですが、この領事館というのが、受付時間が過ぎると、たとえまだ待っている人がいたとしても業務を終了してしまい、門前払いをくらいます(一度経験アリ 泣)。
しかもシステムがしょっちゅう変わるし、領事館によっても細かい部分が違うので、やっかいきわまりない。
ある意味日本で一番「ロシア」を堪能えきるところではあるんですけどね(笑)。
Posted by シュト at 2007年08月26日 21:25
クリスマスマーケット 国際 の情報 月は ジェナさんも 共通して反対するテーマ スイレン の出動 シークレットサービス 実施されるゲイ
Posted by イスラエル国内で at 2007年09月01日 00:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52231746
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。