2007年10月24日

マトリョーシカ・グッズ 微妙系・・・

シュトがロシアのサイトで見つけて、画像では細かいところがよく見えなかったので、サンプルとして1枚だけ送ってもらったのがこれ。


bag_mat1.jpg


コットン製のショルダーバッグです。
縦 43.5cm 横 38cm ひもの長さ 72cm マチなし
とかなり大きめ。A3のスケッチブックも余裕で入ります。

そしてごらんのとおり真ん中にマトリョーシカが3体描かれているのですが、


これが


すっごく微妙。


アップ↓

bag_mat2.jpg


はっきり言って「へたっぴ」
でもそれよりも気になるのは、3体とも顔がぜんぜん違うということ。
体の形も柄もバラバラ。
どうみても同一人物が書いたとは思えません。


一番大きい子

bag_mat3.jpg

ウルウルした瞳の乙女チックタイプです。
衣装も乙女ないちご柄。



真ん中の子

bag_mat4.jpg

きりりとした眉毛とお目々。前髪はなぜかぼさぼさ。
気が強そう。



一番小さい子

bag_mat5.jpg

・・・。

なぜ、こんなになってしまったのでしょう。
マトリョーシカというよりも、エジプトのミイラの棺か南米かどこかの呪術人形に近いような。。。


このバッグが作られたのはモスクワから1,519km離れたウファーというウラル地方にある都市。

たぶん聞いたことのない方がほとんどだと思いますが、バシコルトスタン共和国(バシキリア)の首都だそうです。バレエ好きの方にはルドルフ・ヌレエフの出身地と言ったらわかりやすいでしょうか。

ロシアに暮らすムスリムの宗教的な中心地でもあり、工業も盛ん。

シュトもウファー出身の知り合いが何人かいましたが、彼らはスラブ人ではなくアジア系の人たちです(かなり混血もすすんでいるようですが)。


そういう目でみると、真ん中の子と最後の子の顔立ちは、ウファーの知り合いに似ていないこともないような。。。

しかしそれにしても、3体の顔がバラバラなのはなぜなのだろう?

もしかしたら、地元の小学生かなにかにマトリョーシカを描かせて、その中から3体選んだとか。。。


などと、いろいろ想像をかき立ててくれる作品なのであります。


で、話は戻りますが、これをプレゼント商品に入れようかどうか悩んだわけです。

「意外とウケるかもしれない!」


「でも、だれも選んでくれなかったらどうしよう・・・。」


とさんざん迷ったあげく、今回は見送ることにいたしました。


というわけでブログをご覧のみなさまはいかが思われますでしょうか。
よかったらコメントください。。。



※ちなみにマトリョーシカの上下にかいてある文字は
「わたしたちマトリョーシカ。笑い上戸。木のおもちゃ」
という意味です。ロシア語ではいちおう韻を踏んでいます。
posted by シュト at 18:23| Comment(19) | TrackBack(1) | マトリョーシカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すっごく好みのタイプです!!
特にいちばんちいさいコが最高。
この柄でTシャツとかエプロンとか欲しいです!!
Posted by ウリチカ at 2007年10月24日 19:21
かっかわいい!?
なんちゃって系ですか?(笑)
とってもレアなエコバックになりそうで毎日連れて歩くと思います!
Posted by ティンカ at 2007年10月25日 22:43
日本の子どもにマトを書いてもらってバッグにしたら楽しいでしょうね。それをスキャナーでパソコンに取り込み、転写シートで無印で売ってる100円のバッグにプリントしたら・・・。自分に子どもがいたら「国際文化教育の一環」などとかこつけてやらせてみたいです。また「私たちマトリョーシカ、笑い上戸、木のおもちゃ」という文言に心くすぐられます。でも韻をふんでいるまではわからない〜。すご〜い、シュトさん。
Posted by まとぶんマト at 2007年10月25日 23:56
一人ひとりの顔を見ると統一感ないけど、
全体の写っている最初の写真を見たときは
いかにも的でいいなぁ〜って思いましたよ。
まぁ、どれか選べと言われれば、真ん中の娘が
タイプかなぁ…。
(↑誰も聞いてないっすかね…汗)
Posted by etranger at 2007年10月26日 12:46
ウリチカさんへ
そ、そうですか!好みですか!
やっぱり最後の子が効いてますよね。
描いた本人は別にねらったわけではないんでしょうが。。。
たしかにTシャツもあったらいいなあ。
調べてみよう。
Posted by シュト at 2007年10月27日 00:02
ティンカさんへ
なんちゃて系と言えば、なんちゃって系なんですけど、描いた人たちはたぶんそんなつもりは全然なかったのではないかと思います。
ねらわないで、こういうのができあがっちゃうのがロシアなんです(笑)。

これかなり大きいですけど、生地はやわらかくてけっこう小さくたためますから、エコバッグにはいいかもしれないですね!
Posted by シュト at 2007年10月27日 00:06
まとぶんマトさんへ
このマトに日本で匹敵できるのは、やはり子供の絵でしょうね。
今はつくろうと思えばかんたんにオリジナルTシャツも作れるし、子供の工作(?)にはよさそう。

ロシア語の絵本や歌の文句はよく語尾の音をそろえるんですよ。
これもロシア語で読むと語呂が良いのです。
ちなみに「笑い上戸」はロシア語では「ハハトゥーシュカ」と言います。
なんかそれっぽいでしょ。
Posted by シュト at 2007年10月27日 00:14
etrangerさんへ
ええ、私もネットで小さい写真を見たときには「これはけっこうイケル」と思ったんです。
でも実物が来て「うっ」っと悩んだわけです・・・(予想はしていたんですけどね)。

etrangerさんは真ん中の子が好みですか。
私はやっぱりどうしても一番小さい子に目がいってしまいます。
なんかこの顔、見れば見るほどじわじわと効いてくるんですよね(何に効くんだって話ですが 笑)。
Posted by シュト at 2007年10月27日 00:20
 本物をみていないので何とも言えないのですが、写真を見た限りでは、面白くてかわいいと思います。
コープの買い物袋にしたいですね。
丈夫でしょうか?
Posted by フデ at 2007年10月27日 09:12
最初の写真を見て「きゃ〜なんて可愛いエコ・バッグ!」って思いました。
色といい、形といい、プリントの感じといい、ずばりエコバッグじゃありません?
その後拡大写真を見て・・思わずふきだしちゃいました。
ワタシ的にはやはり小さい子が1番信用できる感じです(私にも効いてきたようです・笑)
イヤ、別に他の子が怪しいというワケではけっしてありませんが(笑)

ところで持ち手がけっこう長いのは厚い上着でも肩掛けOKの為でしょうかね〜?
Posted by タビ at 2007年10月28日 00:44
フデさんへ
いちおうあのアップ写真でかなり正確に写っていると思うのですが、それでも「かわいい」とおしゃっていただけるなら、大丈夫(?)ではないかと思います。
作りは「ロシア製にしては」ちゃんとしています。重いものを入れても平気そうですよ。
大根でもキャベツでもどんと来いです。
Posted by シュト at 2007年10月28日 21:30
タビさんへ
私は、届いて一目みた時のインパクトが強すぎて、「エコバッグ」という発想さえ浮かびませんでした。
こんな「でかい」とは思っていなかったということもあるのですが。。。
持ち手も「なんでこんなに長いんだ?」と思っていたのですが、たしかにこれくらいの長さがあれば、冬着のロシア人でも肩にかけられますね!
これもって市場へ野菜を買いに行くか!?
Posted by シュト at 2007年10月28日 21:35
シュトさん、こんばんは〜♪
私も、バッグ全体を見た時は「可愛いエコバッグ〜」って思いましたよ。
でも、確かに1つずつアップで見ると、それぞれが個性的というか
面白いですね〜。
でも私・・・・・好きですよ〜!
個人的には、見送らないで〜って思いますよ。
Posted by belgium44 at 2007年10月28日 23:56
微妙なかわいさ・・・。
下手うま!?きもかわ!?(笑)
たしかに、最後の子が
なかなかいい味出してますねぇ〜
Posted by にゃんこ at 2007年10月31日 08:54
こんにちは〜☆
なんて個性的なんでしょう。見るたび笑いが止まりません。
今日友達に富士山持ったマトリョーシカのキーホルダーをもらいました!
どうやら私のマトリョーシカ好きが浸透してきたみたいです。
日本全国マトリョーシ化も近いですね♪
Posted by maruko at 2007年10月31日 12:40
belgium44さんへ
お返事すっかり遅くなってしまってゴメンなさい!
belgium44さんに「好きですよ〜」と言ってもらえたなら、かなり自信が持てます!(その前の・・・が微妙ですが 笑)
ただ日本人が持つにはちょっと大きいかな?という感じもするんですよね。荷物がいっぱいの時に使ってもらえるといいかな。
Posted by シュト at 2007年11月01日 15:43
にゃんこさんへ
そうそう、日本で言えば「下手うま」「きもかわ」の部類に入るんでしょうが、作ったロシア人はなにも考えずに作ってるとしか思えないんですよね。
それにしても一番小さい子の顔はやっぱり「味」ありますよね!
Posted by シュト at 2007年11月01日 15:47
marukoさんへ
コメントありがとうございます!
たしかに「個性」だけは、並み居るマトリョーシカ・グッズの中ではダントツだと思います。日本人ではこの味はだせないのではないでしょうか(笑)。
富士山持ったマトリョーシカ、かわいいですよね。日本マトリョーシ化計画、進んでいるようでうれしいです!
Posted by シュト at 2007年11月01日 15:55
バシキリア人の女性と付き合ってました。
Posted by かつ at 2008年06月29日 03:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

マトリョーシカ特集!
Excerpt: ロシアの伝統人形マトリョーシカ! スターウォーズや、ロシア大統領など、 ユニーク
Weblog: きっと日刊じゃんくま新聞
Tracked: 2007-10-26 13:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。