2006年04月20日

白いチェブラーシカ 似てない系。。。

いやあ、予想はしていたんです。以前の記事でもそれとなく書いていました。
しかし、こんなにも早くお目にかかれるとは思っていませんでした。


ロシア雑貨の買い物を頼んだKちゃんがね、言うんですよ。


チェブラーシカのマグネットがあります!」

白いチェブラーシカです!」

「注文すればもっと作ってくれます!!!


って。

「ああ、やっぱり出たか〜、自家製白チェブ〜(笑)」

ってすぐにピンときました。


売っていたのはやはり例のお土産市場
しかしまあ、ロシアでは当たり前のことだし、とりあえずどんなものか見てみたかったので、一個買ってもらって写真を送ってもらったんです。


それがこれ↓


cheb_siro_modoki.jpg




・・・



土台は白い木(たぶん白樺)で出来ているので、木地の色を生かしたナチュラルな(?)作りになっております。




オリジナルはこれ↓


cheb_siro_sket.jpg




・・・



ぜんぜん似てない。
しかもぜんぜんかわいくない。
はっきり言ってアンパンマンかと思った。

ここまでいい加減なのって、あんまりじゃあないか?



唯一許せるのは、値段が安い(約120円)ことくらい。
(しかしこれでもかなりぼっているはず!!)


きっと日本人相手に作ったんだろうけど、はたして何人の日本人が買っていくのだろうか。。。


あなたなら、買いますか?
posted by シュト at 02:38| Comment(11) | TrackBack(1) | チェブラーシカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

ソ連時代のチェブラーシカ

さて、以前にもご紹介しましたが、モスクワの友人がソ連時代のグッズをいろいろ集めてくれました。

先日それが手元に来たのですが、思っていたよりも


すごい量


特にカード類が多くて、全部目をとおすのにすごく時間がかかりました。

どれもこれもなんかレトロで、でもデザインがすごく洗練されたものもたくさんあって、一人でキャーキャー言いながらながめておりましたところ、みつけたんです。



チェブラーシカのカード




見てください!!




cheb_calendaer_01.jpg

ゲーナのアコーディオンに合わせて踊るチェブ! かわいすぎ!!

このカードは裏がカレンダーになっています。




cheb_bdcard.jpg

こちらはバースデーカードです。ちょっと困った顔のチェブがいいです。




cheb_newyearcard.jpg


cheb_newyearcard2.jpg

こちら2つはニューイヤーカード。

「なぜ、新年にクリスマスツリーなのか?」と思われた方はこちらをお読みください。


だいたい70年代から80年代くらい、描いている人はいろいろなのですが、どれもすごくかわいいです。

シュトはお誕生日カードがお気に入り。

これって、チェブラーシカがTVで放送されていた時代のもので、ロシアの子供たちが大好きだったんだって、すごく実感しました。

ところで以前、私のロシア人の友人たちに日本語吹き替えの「チェブラーシカ」を見せたことがあります。

やはりみんな食い入るように見ていました。

ある友人は「ゲーナの声はもっと紳士だ」と言って、文句言ってましたっけ。

ほんと思い入れがあるんだなって思いました。


今回はチェブ関係でしたが、これから他の品々もちょくちょくご紹介しますね。
posted by シュト at 23:35| Comment(4) | TrackBack(2) | チェブラーシカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

白チェブ GET!!

とうとう来ました! 

白いチェブラーシカ



sirocheb09.jpg



大きさは30cm(けっこうでかい)
もう少し小さいサイズがほしかったんですが、頼んだときにはすでに売り切れていた・・・。

しかも数日後には、この大きいほうも売り切れ。
もう少し遅れていたら、アウトでした。

しかし、この白チェブのおかげでまたチェブラーシカ人気が再燃しているみたいですね。新しいファンも増えたんじゃないかな。



sirocheb05.jpg

後ろ姿もやっぱりかわいいです(しかしなぜか尻尾がない。急いで作ったからかな?)。



それから今回、白チェブの他にも珍しいチェブラーシカグッズが手に入りました。
次回にご紹介しますね。

それではお楽しみに〜。


sirocheb11.jpg
posted by シュト at 23:21| Comment(3) | TrackBack(2) | チェブラーシカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

チェブラーシカ 似てない系

最近荷物整理を行ったところ、こんなのが出てきました。



cheb_bukimi_naname.jpg







チェブラーシカです。。。







「どこがーっ」



という、チェブラーさんたちの声が聞こえてきそうですが、どうやらチェブらしい・・・。


売っていたのは例のお土産市場

自分で買ったわけではないので、はっきりしたことはわからないのですが、「日本人のチェブ好き」は、このお土産市場ではよく知られているので「売りつけられた」または「おまけにつけてくれた」らしい。

色合い・素材から推測しますに、どうやら前回ご紹介した2個目のチェブラーシカのマトリョーシカの耳などの材料のあまりを集めて作ったと思われます。


全体はいかにも指でこね上げたという感じで、なぜか顔面が平面(ちょっと「太陽の塔」っぽい)。

顔黒いし、目は緑だし、手は左右で高さが違うし・・・。


正直言って、最初に見たときは「不気味」でした。
(でも、見慣れてくるとだんだん愛着がわいてきてしまうから不思議)





で、もうひとつ。


けっこうよく見るタイプのマトリョーシカピンのチェブラーシカ・ヴァージョン。



cheb_pin_mae1.jpg



これもぜんぜん似てません。


というか言われないとわかりません(笑)。



この小ささだと、当然耳なんかつけられませんから、顔の側面に描かれることになります。



cheb_pin_yoko1.jpg



なぜか前髪があるし、チェブというよりも、チェブの着ぐるみを着た子供という雰囲気でございます。

さっきの「こね上げチェブ」よりはずっとかわいいんですけどね。



まあ、こんな感じで「チェブラーシカだ」って言ってしまえば、どんなものでもチェブラーシカになってしまうのがロシア。


トリノ五輪の白チェブたちが日本ではプチブレイクしてますが、お土産市場で「白チェブ似てないヴァージョン」がお目見えする日もそう遠くないかもしれません。。。(すご〜くありえる)

posted by シュト at 15:49| Comment(6) | TrackBack(0) | チェブラーシカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

お気に入りチェブ

シュトの一番お気に入りのチェブはこれ↓

santacheb01.jpg

チェブラーシカのぬいぐるみサンタクロース・バージョンです。

santacheb03.jpg

後姿がまたかわいい。。。尻尾の出具合がナイスです。




買ったのはモスクワのとある地下道。
モスクワは地下鉄の入り口付近や通歩道のための地下道にたくさん小さなお店が並んでいます。その中にはおもちゃ屋もあって、そんなお店のひとつで見つけました。

チェブラーシカのぬいぐるみは、あまり大きな店で見かけることはありません。こういう地下道とか地下鉄駅の近くの出店とか、市場とかにひょっこりいたりします。

このチェブラーシカは顔がプラスチックなので、すごく微妙な表情が出ています。。。
今、トリノ五輪で出回っている白チェブと同じ会社の製品です(Made in 中国)。

顔が毛のタイプのもかわいいけど、やっぱりこちらのほうが完成度は高いかなと思います。

他にもシャベルとバケツを持った「お砂場バージョン」とか、手にはめて指で動かすことのできる「手袋タイプ」のとかも見たことあります。

そんなわけで、モスクワの地下道を歩くときはいつも目を光らせているシュトなのでした。


santacheb_miage.JPG

ウラ〜〜〜
posted by シュト at 02:40| Comment(9) | TrackBack(0) | チェブラーシカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

お土産市場のチェブラーシカ

シュトがお土産市場で最初に出会ったチェブラーシカがこれです。

cheb_mato.jpg


人形アニメのチェブとはぜんぜん似てないのですが、なんかほのぼのした表情がツボにはまって買いました。ワニのゲーナのあのとんがった顔を、マトリョーシカの丸い表面にうまく描きこんでいて、素人っぽさの中にも技が光ります(笑)。チェブラーシカがなぜか富士額なのがまたかわいい。

このマトリョーシカを作ったのはニーナという元気なおばちゃん。自分で売っていました。ベリーショートのちょっと男っぽい人で、シュトがチェブラーシカに見入っていると、「この耳は自分でくっつけたんだ〜」とか、いろいろ親切に(うるさいくらい)説明してくれました。



このニーナさんは、ほかにこんなのも作っています。

koboshi_cheb.jpg

これはニバリャーシカと呼ばれている、おきあがりこぼし。日本にもありますよね。赤ちゃんのための人形で、揺らすとコロンコロンときれいな音がするあれです。
音をお聞かせできないのが残念ですが、すご〜く癒されます。





realcheb.jpg

これは別のタイプのチェブマト。
耳の部分が木ではなくて、紙のような薄い素材で作られています。ゲナの口とか、チェブのオレンジとかも浮き出していて凝っていますね。

ところで見えにくいとは思いますが、オレンジに黒いひし形のものがはりついているのがわかるでしょうか。実はこれ、ロシアでよく見かけるモロッコ産のオレンジについているシールが描きこんであるんです。実際のシールと同じように黄色い字で「Moloc」って書いてあって、かなり芸が細かいです。




このほかに市場で見つけたチェブとゲナ。


cheb_gena01_05.jpg

このゲナはほんとよくできています。小さいけど塗りもきれいでなかなかの逸品。




cheb_su_mae2.JPG

こちらはちょっと胴長のチェブ。これも塗りがとてもきれいです。青い大きな目が特徴的。




cheb_syatu_mae.JPG

上と同じ作家のものでロシアの民族衣装を着たチェブ。

この他にもいろんな衣装のチェブがありました。


こんなふうに、この市場ではいろんな人が作った思い思いのチェブラーシカにお目にかかることができます。たぶん探せばもっといろいろ出てくると思いますので、また発見したらお知らせしますね。
posted by シュト at 18:14| Comment(16) | TrackBack(2) | チェブラーシカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。