2007年12月20日

エルミタージュで

シュトの印象ではサンクト・ペテルブルグはモスクワと較べるとまさにヨーロッパという印象でした。

街にはバロック調や新古典調の豪華なお屋敷がたくさんあるし、歩いている人々もモスクワよりも背が高くて金髪碧眼ぽい人が多いような気がする。

あと当時モスクワではまったく見あたらなかった「コーヒーの飲めるこじゃれた野外カフェ」なんかもあったりして、「ああ〜ヨーロッパってこんな感じなのね〜」とおのぼりさんのように感心していたのでした。


さてサンクト観光でと言えば絶対はずせないのがエルミタージュ美術館


.


もちろんシュトも行きました。

2回行ったうちの最初は一人で回ったのですが、まあそのでかいことでかいこと

なにせもともとロシア皇帝の宮殿だったわけですから、建物そのものも豪勢このうえない。

きんきらきんごってごてな世界であります。

ermitash_kinkira1.jpg

ermitash_kinkira2.jpg


とはいえ単なるきんきらきんだけでは、他のヨーロッパの宮殿と大差ない(たぶん)。

しかしそこでシュトは「やっぱりロシアだわ〜」と感じたものを発見したのです。


それは何かと言うと





石ったって、そんじょそこらの石ころのことではありません。

だのだのだのの鉱石です。

それがでっかい花瓶(?)に加工されてあちこちに置いてある。

たとえばこんなの↓



ermitash_stone1.jpg


これ、ラピスラズリでしょうか。。。
(となりの部屋には孔雀石で作られた同型の花瓶が見えます)

とにかく1個1個がでかいんです。

こんなのがあちこちにぼこぼこ置いてあるんです。

きっとウラルとかシベリアとかから切り出された石なんでしょう。

まさに資源大国ロシア


というわけで、数ある美術品よりもなによりも、この花瓶たちにかつてのロシア帝国の富と力をまざまざと見た思いがしたシュトなのでした。

それではまた〜。
posted by シュト at 20:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ロシアの光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

雪のモスクワ2 入るな危険!

さて雪が積もるようになると、モスクワの街角のあちこちでは、こんなものが出現します。


turara_sankaku.jpg

なにやら物々しげな赤い三角の物体とロープ。



turara_06.jpg

こちらにも。



turara_04.jpg

こういう柵状のものもあります。


「入るな危険」

ということを表しているのはすぐわかりますが、いったいなにが危険なのでしょう?

壁塗りをしているわけでも、下水道工事をしているわけでもありません。

シュトも最初のころはこれがなんのためにあるのか、ぜんぜんわからなかったのですが、実は答えは上にありました。



turara_01.jpg

キラリンぴかぴか(新しい)



そう、つららです。

冬のモスクワの屋根にはつららがいっぱい。


turara_05.jpg

こんなのとか。

turara_03.jpg

こんなのとか。



今年は暖冬で雪が少なかったせいかつららも小さいですが、ふつうの冬はもっと巨大なつららがたくさんできます。すごいのになると2mくらいになったりする。

あんなのが頭の上から落っこちて来た日には、人間なんてひとたまりもありません。実際、落ちたつららが道路の上でこなぐなに砕け散っているのもよく見かけるのです。


というわけで、冬のモスクワは足下だけでなく、頭上にも注意しなくてはならないというお話でした。
posted by シュト at 11:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ロシアの光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

雪のモスクワ1 赤の広場

今朝、シュトがなにげに外に出てみたら、白いものがちらほら。。。

「げっ!雪?!」

本日東京では、観測史上もっとも遅い初雪が降ったそうです。
といっても5分くらいで止んでしまったようですが。
(その5分にちょうど当たったみたいです)

暖冬だったくせに、なぜか春が来るのが遅いへんな気候ですね。

何度も書きましたが、今年はモスクワも暖冬で、「雪のない写真」ばかりが続いていましたが、2月半にはドカ雪が降りました。

というわけで、春が来る前に、これから数回雪のモスクワの写真なんぞをお見せしようかと思っております。


モスクワと言えばまずはこちら。

赤の広場


akanohiroba01.jpg

グム百貨店の脇の道から、クレムリンのスパスカヤ塔を臨んでおります。

時期は前々回ご紹介したマースレニッツァの直前。
人々が着ているものからも、寒さが伝わって来ますよね。
(しかしこの雪道でもロシア女性はハイヒールでスタスタ歩いてしまう不思議)


akanohiroba01_2.jpg

ワシリー寺院の前もどろどろのぐじゃぐじゃ。


というわけで、祭りにむけて除雪車が出陣!!

akanohiroba02.jpg

「どどどどどどどどどど〜〜〜〜〜〜」


この除雪車は、ワシリー寺院の右の道をモスクワ川方面へ下って右手にある橋のたもとにいつもスタンバイしています。


観光客を尻目にひたすらお仕事。

akanohiroba02_2.jpg

「どどどどどどどどどどどどどど〜〜〜〜〜〜〜」


akanohiroba04.jpg

半分くらいきれいになりました。


akanohiroba03.jpg

「まだまだまだまだ〜〜〜〜〜!!!!」
「うりゃうりゃうりゃうりゃ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!」



除雪車のおかげで、赤の広場はすっかり雪がなくなり、お祭りが始まります。

akanohiroba05.jpg

「はいはい、まずは荷物チェックね〜」


こうして雪降る中、大勢の人々がマースレニッツァを楽しむのでありました。

akanohiroba06.jpg

(ちなみに除雪された雪は郊外に運び去られるようです。)
posted by シュト at 19:11| Comment(4) | TrackBack(0) | ロシアの光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

モスクワ冬の風景

moscow05.jpg


つい先日までほとんど雪が降らなかったモスクワに、とうとう雪が降ったそうです。気温もぐっと低くなって、やっと冬がやって来たという感じだとか。

さっそく「モスクワ雪かき隊」も出動。

moscow10.jpg

でっかいシャベルで延々と雪かきをしてくれます。
寒い中かなりの重労働、おつかれさまです。


さてロシアの都市部の住宅はほとんどが集合住宅で、暖房はすべてセントラルヒーティング。

moscow06.jpg

こんな風に窓の下に管が通っていて、ここを暖かい蒸気が流れることによって部屋があたたまります。

これがまたあったかいんですよ。

よっぽどぼろいアパートだとか、ボイラーの調子が悪くない限り、とってもあったかい。外はマイナス10度とかでも、部屋の中ではTシャツ1枚で大丈夫だったりします。(おかげで日本の家が寒くてしかたありません)

この窓は最近直したようで、新しいプラスチック製の窓枠にガラスも分厚いのが1枚入っているだけですが、もともとは窓は木枠で2重のものが多いです。

こんな感じ。

moscow07.jpg

ロシアの家は冬に備えて造ってあるって、よ〜くわかります。

さて話は戻ってセントラルヒーティング。

暖かい蒸気はどこから来るのかというと、ここからやって来ます。


moscow09.jpg

どーん



巨大な煙突が立ち並び、水蒸気がもくもく出ております。
この辺の地区はこの工場(?)によってあっためてもらっているのです。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、真ん中よりちょっと左にある富士山を上に引き延ばしたような形の巨大煙突。

これ、はじめてロシアに行ったときに住んでいた寮の窓からも見えたんですよね。

で、シュトはこの煙突を見て

「ひえ〜、原子力発電所がこんなところにある〜〜〜!!!」

とめちゃくちゃびびったのです。

若い方は知らないかもしれませんが、むか〜しアメリカのスリーマイル島で原発が事故をおこしまして、テレビでその映像がよく流れていたのですが、そこにこれとそっくりの富士山型の煙突があったんです。

なので、シュトはこの施設をずーっと原発だと思っていたわけでして。。。
(ふつうに考えたら、こんな住宅街に原発があるわけないんですが、「いや、ロシアならやりかねない」とかってに思いこんでいたのでした。。。)


moscow08.jpg

こちらは別の地区のセントラルヒーティングの施設を遠くから見たところ。

寒さのために水蒸気が「きのこ雲」にような形になっている。。。


いまいちセントラルヒーティング=原発の呪縛が解けないシュトでした。。。

posted by シュト at 02:39| Comment(6) | TrackBack(0) | ロシアの光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

モスクワ年末だより

今日からお休み




なんですが




その前にまたモスクワから年末の風景が送られてきたのでせっかくだからご紹介します。



mscow05.jpg


この「金色タマネギ大親分」のような聖堂は、モスクワ一大きい「救世主キリスト教会」
ガイドブックにもかならず載っています。

(ちなみにこの教会はスターリン時代一度爆破され、その跡にはプールが作られていたのですが、数年前のモスクワ850周年の時に昔の姿のままに再建されたという曰く付きの代物です。)

まあ、それはいいとして、見てください。
雪が、ほとんどない。。。

例年なら道路にも根雪がたまり、両脇には除雪された雪がてんこ盛りになっているはずなのですが、今年はぜんぜんつもってませんね。
道路が黒々としています。
ほんとへんな年です。





mscow03.jpg


さてこちらはなにかと言いますと「もみの木売り場」
日本の正月飾りよろしく、こんな風に露店が出ているんです。
しかしやっぱり雪がないと、なんかぱっとしないですね。


で、今回の送られて来た写真でシュトに一番ヒットしたのがこれ。



mscow01.jpg

「レーニンとツリーと雪だるまのスリーショット」

なかなかシュールな組み合わせではないかと(笑)



トリはこれ。



mscow02.jpg

トリだから鳥の写真(すいません、寒いですね。。。)


モスクワの雀くんたちです。
冬毛でぷくぷくになってます。
(なんとなく日本の雀より薄汚い感じがするのは、空気が汚いせいかと思われます)
こんな小鳥でも実はけっこうたくましく生きているのです。


さてほんとうに今年も残りわずか。

今年訪れてくださったみなさま。ありがとうございました。

また来年もよろしくお願いいたします。

それではよいお年を。
posted by シュト at 01:45| Comment(9) | TrackBack(0) | ロシアの光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

モスクワのクリスマス

tree1.jpg



クリスマスまであとわずかですね。

モスクワよりクリスマスの風景(正確には年越しの風景)の写真が送られて来ました。


トップはクレムリン近くのクリスマスツリー。

人と大きさを較べてもらえばわかると思いますが、巨大です。

12月から1月半ばまで、モスクワ市内にはこのような巨大なツリーがあちこちにお目見えします。



こちらはボリショイ劇場前のツリー。(ボリショイ劇場はただいま修復中)


tree3.jpg

tree4.jpg

こんな風に色が変わるようになっているみたいです。


で、ほんとうだったらこの時期は雪が降っていて、ツリーもほどよく雪化粧するはずなのですが、今年は暖冬のようで雪がありません。

というわけで、青々としております。

モスクワの天気予報によればクリスマス前後は小雪がちらつくようですが、その前後は雨のようなのですぐに溶けちゃうかもしれませんね。。。


こちらは赤の広場のツリー。


tree2.jpg


だいたいこんな感じのオーソドックスな形が多いみたいです。

(実は何年か前のクリスマスに、ビニールシートをつかったちょっと抽象的な形のツリーがたくさん飾られたことがあったのですが、はっきり言ってしょぼかった。で、やっぱり不評だったのか次の年はふつうのツリーに戻っていました。)

ツリーの後ろに見える建物は、グム百貨店。

近づいてみると。。。




santa01.jpg

青サンタ発見!(いまいち貫禄に欠けますが。。。)



gum01.jpg

中はこんな感じで、外国の高級ブランド店がずら〜りと並んでいます。

(暖冬のせいで女性の服装もこの時期にしては軽装ですね。)



gum02.jpg

なんと生バンドのおじさんたちも青サンタルック!(やっぱり貫禄に欠けますが。。。)



gum03.jpg

グム内部のツリー。
posted by シュト at 03:29| Comment(6) | TrackBack(0) | ロシアの光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

モスクワ郊外の黄金の秋

oceni02.jpg



最近はめっきり涼しくなってまいりました。
お風邪などめしていませんか?

柄にもなくしおらしくはじめてみた、おひさしぶりの更新のシュトでございます。

秋ですね。。。
空が高くなってきました。
昨日見た花屋さんではコスモス売っていました。

ロシアも秋です。
そしてロシアは今がまさに紅葉の季節。

紅葉といってもロシアの場合、もみじのような赤い葉っぱすくないです。
ロシアの秋は「黄金の秋」。
木々の葉が輝く黄色に変わり、森全体が黄金色に染まるのでこのように呼ばれています。


oceni01.jpg


ここはモスクワの郊外。
友人のダーチャからそう遠くないところらしいです。



oceni04.jpg

ほんと、目にしみいるような黄色です。



oceni03.jpg

こちらは赤い葉っぱ。


年によって色づきは異なるのですが、写真で見るかぎり今年はとても鮮やかみたいです。

しかし、この美しい秋はあっというまに過ぎ去ります。

そろそろ雪もちらつき出します。
長い長い冬がもうすぐやって来るのです。

去年の冬、ロシアは日本でも何度もニュースになるほどの大寒波でしたが、今年はどうなることでしょうか。。。


oceni05.jpg

posted by シュト at 01:34| Comment(8) | TrackBack(1) | ロシアの光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

モスクワの春の森

さて連休も(とっくに)終わり、モスクワもすっかり春がやってきたようです。晴れれば半袖でも大丈夫な陽気です。友人がこんな写真を送ってくれました。


bs_sirakaba400.gif

場所は以前ご紹介したヴデンハーのとなりにあるボタニーチェスキー・サット。日本庭園もある森林公園です。

野原には色とりどりの小さな花が咲き乱れ、白樺の新緑も鮮やか。
これからロシアはもっとも美しい季節を迎えます。


bs_aoihana400.gif

bs_siroihana.gif

とにかくこれでもか!というくらいお花がいっぱい。



bs_belyoza.gif

この日は途中で雨が降り出したようです。土のにおいが立ち上ってきそう。

こういう風景を見ると、むしょうにロシアに行きたくなります。この時期のロシアの森には特別の思い入れがあります。



さて最後にちょっとおもしろい写真。


kibakeikan400.gif

映画のシーンではないですよ〜。

よく見てください。
馬に乗っているのはあの「悪名高きロシアの警察官」
なんとモスクワには騎馬警官がいるんです!
街中でもときどき見かけます。

なんでそんなものがいるかというと、別に観光客へのサービスではなくて、馬はけっこう機動性が高く、渋滞も関係なし。おまけに高いところから見渡せるので、犯罪防止にはちょうどいいとか。

ふだんはできるだけお近づきになりたくないロシアの警官さんですが、こういう姿は本当に絵になります。乗る人もけっこう「かっこいい人」を選抜しているような気がします。。



それでもやっぱり近づきたくはないですけどね。
posted by シュト at 02:51| Comment(10) | TrackBack(2) | ロシアの光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

ロシア雑貨の原風景

ロシアの友人がモスクワ郊外の雪景色の写真を送ってくれました。


fuyugesiki30.jpg


大寒波はおさまったものの、あいかわらず雪だらけですね。

モスクワは大きな都市ですが、車で1時間も行けばもうこんな景色になります。


こういうのを見ると、ロシアの町というのは大小あれども結局は森の中にポツンポツンと存在する島のような存在だなあといつも思ってしまいます。

人間がどんなに開発しているように見えても、すぐそこには圧倒的な大自然が広がっていて、ちょっとでも気を抜いたらすぐに飲み込まれてしまうんじゃないかって感じがします。
(ちょっと古いけど「ナウシカ」に出てくる「腐海」のイメージとダブってしまうシュト。)

モスクワやサンクト・ペテルブルグなどの大きな都市は大きな石作りやレンガ造りの建物が中心ですが、ロシア人というのは元来は森の民族なので、昔は建築物はほとんど木造でした。

モスクワでも昔はクレムリンとか大きな教会以外はほとんど木造だったんですよ。なんと道路も木で舗装されていたそうです。



さて、お次はシュトがモスクワで買ったティーポットカバー。



potcouver03.jpg


むかしむかしのロシア民話の世界という雰囲気なのですが、実はこういう風景って今でもあるんです。



fuyugesiki23.jpg



どうですか。すごく似てると思いません?
雪のかぶり具合と埋もれ具合がちょうどおんなじ感じなんです。


近くで見るとこんな感じ。


fuyugesiki28.jpg


まるでクリスマスツリーの飾りみたいです。この写真だとよく見えないのですが、窓枠や屋根の三角破風の部分には木彫りの彫刻が施されています。どの家も色とりどりのペンキで塗られていて、ほんとおもちゃみたいです。


現在はモスクワ市内で木造の建物を見ることはほとんどありませんが、ちょっと郊外に行くと、このような昔ながらの木造家屋をたくさん目にすることができるんですよ。

ところで今は冬なのでこんな感じでひっそりとしてるのですが、夏になると庭先に鶏やアヒルやヤギなんかが放し飼いになってのどかに遊びまわっていたり、スカーフをかぶったおばあちゃんたちがベンチに座って世間話に花を咲かせていたりします。ほんとうに昔話の絵本の挿絵そのままの光景が広がっているんです。





fuyugesiki24.jpg


こちらは犬小屋、ではなくて(笑)、井戸なんですね(なんとこのへんは水道がない)。ちゃんと木彫りの装飾までしてあるところがにくいです。



さてお次。


mato_4seazons_3.jpg


おなかに雪をかぶったもみの木が描いてありますが。。。



fuyugesiki10.jpg


これもよく似てるでしょ。

こんなマトリョーシカの小さな絵も、ロシアの森の自然をそのまま写し取ってるんだな〜と感心してしまうことしきりです。

ロシア雑貨のあの独特の素朴さってこういう風土から生まれているんだって、あらためて納得したのでした。




おまけの写真


fuyugesiki29.jpg


道端の木に色とりどりの看板が貼り付けてあるだけなんですが(内容は「セメント」「電気」「銀行」などいろいろ・・・)、この色合いにマイってしまいました。

なんかこれだけでひとつのオブジェのようです。雪景色だから余計にこの色とりどり加減が目立つんですよね。

どう考えてもわざとやったは思えないのですが、まるで計算されつくしたかのような配色に目が釘付けのシュトでした。



posted by シュト at 19:46| Comment(0) | TrackBack(1) | ロシアの光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。