2007年06月12日

銀座で出会ったロシア

なんかブログの更新が2週間とか20日に1度のペースになっております。
「店番シュトの日記」って題名なのに、全然日記ではありません。
「店番シュトの雑記」に改名したほうがいいかな。。。

このように亀のようなペースではありますが、続けてはおりますので、今後もよろしゅうお引き立てのほど、お願い申し上げまする。

さて、先週はじめのことですが、用事があって日比谷界隈へ行ってまいりました。
で、せっかく日比谷まで行ったので、ついでに前からずっと行ってみようと思っていた銀座のとあるお店に寄ってみることにしました。

そのお店で購入した物がこれ↓


gekko01.jpg


関東近郊の美術関係者さん&文具好きさんなら、この「ホルン」のマークですぐにおわかりになったと思うのですが(というか全国的・世界的にも有名ですよね、きっと)、銀座の老舗画材店「月光荘」のスケッチブックでございます。

実はシュトは生まれつき「お絵かき」が大好きで、もの心つく前から母親の育児日記にも、壁にもひたすら落書きをしまくっていた子供でした(クレヨンで描くから消えないんですよ、これが)。

学校に入ってからも、授業中、ノートに端っこに落書きをするのは当たり前。
かばんの中には教科書といっしょにいつも「お絵かき帳」が常備されておりました。

とはいえシュトの場合、ほんとうにただの「お絵かき好き」なので、画家とか、デザイナーとか、漫画家とか、あこがれはしたものの、その世界で本気でやっていこうというほどのものではなく、あくまでも趣味のレベル。

まあ、そんなのんきな「お絵かき好き」のシュトですが、ときどき無性にスケッチブックを購入したくなることがありまして、文房具屋さんや画材屋さんをふらっと訪れることがあります。

そんなわけで、以前からよく雑誌などで紹介されていた「月光荘」さんへはじめて訪れてみたのでした。

お店に入ると、店員の方がとても親切に迎えてくださり、商品についていろいろ説明してくださいます。

スケッチブックは1階の一番奥の棚にあり、上から下までいろんなサイズ・色のものがずら〜りと並んでいて、もうそれを見ただけで、わくわくわくわく。

で、その中から上記のピンク色のスケッチブックを取り出し、何気なく開いたところ・・・


gekko02.jpg


なんと! 「ロシアのタマネギ教会」の絵が印刷されているではありませんか!


「こ、これ、誰が描いたんですか!!!」

すかさずお店の方に尋ねるシュト。

「そうですね〜、昔からいろんな方がお店に寄贈してくださっているので、その中のひとつなんですが、ロシアの風景なんですけどね〜」

と、あまりよくわからないご様子。

しかし、ここで出会ったのも何かの縁。もちろん即購入いたしました。

後でよく見てみたのですが、こちらの絵は、下に描いてあるサインと文字から、ロシア人のミーシャ・グラスノフさんという方が1978年にロシアの古都ノヴゴロドで描いたものだとわかりました(実はロシア語でもっといろいろ書いてあるのですが、かなりの崩し字で解読不可能。。。)

しかし、まさか銀座で、こんなふうにロシアと出会うとは思ってもいなかったので、なんかちょっとうれしかったです。

というわけで、記念にマトとタマネギ教会ベルと記念写真。


gekko03.jpg


★おまけ★

月光荘近くの路地で見た光景(すいません、かなり手ぶれしてます)。

gekko04.jpg

壁際に沿って、ほとんど同じ白黒柄の猫が3匹、同じお座りポーズで、絶妙な間隔をあけて座っておりました。(写真撮ったら、3匹に同じ目でにらまれてしまった。。。)
posted by シュト at 23:12| Comment(10) | TrackBack(1) | 日本で出会ったロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。