2007年04月06日

パスハ(キリスト復活祭)

4月8日の日曜日。

この日はマースレニッツァから7週間目にあたり、パスハ(キリスト復活祭)の日です。(ちなみに日付は毎年変わります)

西洋風に言えば「イースター」。



paskha_sinbun.jpg

こちらは去年のパスハ前の新聞記事。

見出しには「バーニャへ行って、クリーチを焼きましょう」とあります。

「バーニャ」とはロシア式サウナのこと。

新聞記事によれば、ロシア正教の伝統ではパスハの日の3日前に主婦は家の大掃除を始めます。また家族全員バーニャへ入って、体を浄めます。
そうやって心も体も浄めて、復活祭を迎えるのだそうです。


「クリーチ」はうちのマトも持っている、円筒形のケーキですね。


↓これこれ

mat_s0006n2_img.jpg



「クリーチ」「パスハ(カッテージチーズで作ったピラミッド型お菓子)」そして染めたゆで卵もパスハの3日前、木曜日に作るそうです。

(この新聞の右の方にはクリーチのレシピが載っています。ちなみに「鳥インフルエンザ」の予防のために、「卵はゆでる前にせっけんで良く洗いましょう!」というお医者さんのコメントも載っています)

ゆで卵を染める粉などは、スーパーなどでも売っているそうですが、伝統的でしかも安全なやり方はタマネギの皮といっしょに煮る方法だそう。

使うのは茶色じゃなくて赤いタマネギだと思います。(茶色だったら、なんか温泉卵みたいになっちゃいますよね。。。)

あとは果物とか野菜とかも使うそうです。

で、そうやって作ったお菓子と卵たちは、パスハの日に教会へ持っていってお浄めをしてもらうんですね。


以前も書きましたが、シュトは学生時代、ロシア語先生に薦められて東京は神田のニコライ堂のパスハに友人といっしょに参加したことがあります。

聖堂に入って、よくわからないままぼーっと待っていると、信者さんたちが次々とやって来ます。

その中の何人かはお手製らしいクリーチや染め付け卵を持って来ていて、聖堂の左のほうに設置してある台に置いて行きます。

いろんな形や色のクリーチが並んでいて、なかなか華やかな光景でした。


ニコライ堂には日本人信者はもちろん、在日ロシア人の信者さんもけっこう来ていました。
(ちなみに先生の話によれば、神田には「生粋のロシア人で、ちゃきちゃきの江戸っ子」というのがいるらしい。。。)

当時教育テレビの「ロシア語講座」に出演していたロシア女性も来ていて、テレビで見るより数段綺麗だったのが印象に残っています。


パスハの儀式は夜通し行われます。

ニコライ堂の主教(日本人)の説教もあったりしますが、それはほんの少しで、あとはひたすら賛美歌隊(正教はすべてアカペラ)が歌い、聖職者たちが忙しく立ち回り、人々はずっと立ちっぱなしで祈りを捧げているような感じでした。

(ちなみに東方キリスト教会の聖堂にはカトリックやプロテスタントの教会のような信者用の椅子はありません。信者さんはずっと立っているか、床にひざまずくかします。)

夜中の12時近くになると、主教の灯したろうそくからもらい火をしたロウソクを持って、キリストのイコン(聖像画)を先頭に全員が教会の周りをぐるりと一周します。

それが終わって聖堂に戻ると「キリスト復活せり!」となるようです。

そのあとも儀式は延々と続き、やっと朝の4時頃終わったのでした。


途中別館で少し座って休憩はしたのですが、さすがに疲れたシュトと友人。

電車もまだ動いてないし、開いている店といえば「吉野屋」ぐらい。

空腹だった二人は迷わず「牛丼」をかき込んで、家路についたのでありました。。。


なんか結末がとっても現実的になってしまいましたが、気力体力好奇心のある方は、お近くの正教の教会でパスハに参加されてはいかがでしょうか?


ところでパスハの時には特別のあいさつがあります。

実はシュトはモスクワで復活祭の日に見知らぬロシア人に、突然このあいさつをされたのですが、そのときはなんと答えたらいいのかわからず、相手をがっかりさせてしまいました。

というわけで、最後にそのあいさつをご紹介しておきますね。


「フリストス ヴォスクレス!(キリストは復活せり!)」

「ヴォイースチヌ ヴォスクレス!(まことに復活せり!」



mat_pashaL.jpg

※訂正です。
このカードはソ連時代ではなくて、1994年のものでした。
よく確認しないで書いてしまって申しわけありませんでした。

復活祭の最初のあいさつも、ちょっと私の思い違いで間違っていました(「イースス」ではなくて「フリストス」)ので訂正しました。
posted by シュト at 23:51| Comment(12) | TrackBack(0) | ロシアの風習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

赤の広場のマースレニッツァ

maslenitsa1.jpg


この時期、ロシアでは春を迎えるお祭りマースレニッツァがあります。今年のマースレニッツァは2月12日から18日まででした(キリスト復活祭の7週間前に行われるそうです)。

マースレニッツァは直訳すると「バター祭り」とでもなるのですが、そのせいか太陽を象徴していると言われる「ブリヌィ(ロシア風クレープ)」をたくさん焼き、それにバターをたっぷり塗って、イクラやお肉や果物のジャムやなんやかやと好きなものを包み、おなか一杯食べます。

といっても私もあまり詳しくはないので、マースレニッツァについてはmiyabyさんのこちらの記事、ブリヌィの作り方についてはマーミンカさんのこちらの記事をどうぞ。

さて、今年のマースレニッツァでは、冒頭の画像にもありますように、赤の広場でも一大イベントが催されたようです。友人が写真をたくさん撮って送ってくれましたので、その一部をご紹介しますね(今回は久しぶりに画像が多いです〜)。

maslenitsa9.jpg

さていつもががらんとしている赤の広場にはこのようにたくさんの屋台が並んでいます。

それだけでなく広場ではいろいろなゲームや遊び(たぶん伝統的なものが多いのかも)に参加できるようになっていて、大勢の人でにぎわっています。

maslenitsa2

こちらは竹馬コーナーですね。


maslenitsa6.jpg

こちらでは角材の上で枕で殴り合って落としっこをしています。


maslenitsa7.jpg

大縄飛びで、ぴょんと飛んだロシア娘。


maslenitsa8.jpg

こちらは射撃屋さんですが、なぜか景品のぬいぐるみが屋根から逆さづりになっていて、ちょっと不気味。。。


さてお祭りですから当然食べ物の屋台も出ています。きっとブリヌィもあるのでしょう。屋台の売り子さんたちはみんな民族衣装を着ています。

maslenitsa5.jpg

こちらはピロシキ屋さんでしょうか。手前の方にホフロマ塗りの大鉢が何個か見えますね。


maslenitsa4.jpg

こちらは女性の売り子さん。
着ぶくれてちょっとマトリョーシカな体型になっていますが、なかなかお美しいお二人です。

ちなみに彼女たちの手前上方から垂れ下がっているのは、うちのマトリョーシカでもおなじみのロシアの乾パン「バランキ」です。

さてトップの画像にあったワシリー寺院前の特設舞台では、道化の格好をした男の人を中心に、お客を巻き込んでのゲームか寸劇の様なものをやっているようです。

maslenitsa3.jpg

なぜかトイレット・ペーパーでぐるぐる巻きにされています。。。



こんなふうにすっかり大はしゃぎしているかんじですが、やはり昨今の世相を反映しておりまして、入口ではこんなふうにしっかりチェックされます。

maslenitsa10.jpg

この空港にあるようなチェックゲート、お祭りがあるとどこにでも出現するんです。


赤の広場は数年前、テロ対策のためかぜんぜんはいることができなかった時期がありました。それがここ最近はクリスマスにでっかいツリーがたってスケート・リンクが仮設されたりと、なんかすっかりイベント広場になっているようす。

でも本来、赤の広場ってそういうところだったんです。ロシア革命のずっと前、昔々は市場が立ったり、お祭りがあったりしたそうです。別に軍事パレードをやるためにあったわけではありません。

ちなみにこの日の気温はマイナス10度だったそう。
(着ぶくれマトリョーシカになってしまうわけです)

でもマイナス10度って、思ったほど寒くはないんですよ。
気持ちがいいくらいです。

友人によると昨日はマイナス20度だったそうで、さすがに寒がっていました。ちょっと前まで暖冬で雪なんてぜんぜんなかったのに、いきなりマロース(極寒)じいさんが来てしまったようです。

そんなわけでロシアでは、この時期ブリヌィをたらふく食べて(脂肪をつけて)、後もう少しつづく厳しい冬を乗り切るのでしょう。




posted by シュト at 02:01| Comment(6) | TrackBack(2) | ロシアの風習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

今年の干支は。。。

みなさまあけましておめでとうございます(もう、4日ですが)

さて今年はじめての記事なので、正月ネタでございます。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、ロシアでも干支は一般的に知られています。

で、今年の干支は




pig1.jpg
ぶひ〜




。。。




ロシアでは今年は「ブタ年」

街では今あちこちでブタを見かけます。

年末年始には新しい年の干支のぬいぐるみだとか置物だとかを買ったりプレゼントしたりするのが習慣になっているので、豊富な品揃えです。



でですね、シュトは

「ロシアにはイノシシがいないから、代わりにブタを使っているのね〜。
ブタイノシシを家畜化したものだというから、まあ、大筋としてはまちがってはいないよね〜」

とかってに思っていたのですが、





どうやら





干支の発祥地中国でも「今年はブタ年」だそうです。




つまり

「ロシアではイノシシがいなかったからブタ年になった」

のではなく、

「日本ではブタがいなかったからイノシシ年になった」

というのが正しいみたい。。。

(シュトの持っている辞書によれば日本の影響で比較的最近はやりだしたということらしいのですが、ここだけ先祖返りしているのはなぜなんでしょう???)





pig3.jpg

さきほどのブタくんたちはこんなふうに露店で売られています。





pig2.jpg

お、イノシシも発見!(やはり日本の影響か)





pig4.jpg

しかし、完全に迫力負けしてますよね。。。



※ちなみにシュトは「ブタ年」ではありませんです。



posted by シュト at 21:00| Comment(17) | TrackBack(1) | ロシアの風習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

国際婦人デー

mato_card.jpg

3月8日のためのマトリョーシカのカード(1981年)



今日は3月8日。
この日はロシアでは「女性の日」と呼ばれています。




正式名称は「国際婦人デー」




と聞いても、ふつうの日本人は

「???」


です。


「国際」とついているからは、世界的な記念日なのですが、日本ではまったく知名度はありません(先日青山にある国連大学の前をとおりかかったら、いちおうでっかく垂れ幕が下がっていましたが)。


世界各国では、「男女同権」や「反戦」などのデモや集会などがけっこう行われているようです(日本でも2002年に銀座で菜の花を手に持ってのデモ行進がおこなわれたとか)。




さてこの「国際婦人デー」。


ロシアの男性にとっては一番お金をつかう日かもしれません。


なぜならば、この日男性は「自分の周りにいるありとあらゆる女性になにかしらプレゼントをする」という習慣があるからです(旧ソビエト圏はどこもそうらしい)。

妻とか恋人だけじゃなくて、会社の同僚なども対象に入ります。

プレゼントの内容はお花とかお菓子とかなにか小物とか。。。

おかげでこの日の前日からは、駅前などにいつもの倍以上の花屋が出現したりします。

たしか何年か前の国際婦人デーには、プーチン大統領がモスクワの産婦人科に訪れて、妊婦さんたちに大歓迎を受けたという話がありました。

あと友人はお母さんに電話したりしてましたね。母の日もかねているようです。


まあようするに、日本のバレンタインデーの逆のパターンみたいなものだと思っていただければよろしいのではないかと思います。


とにもかくにも今日一日は、花束とか袋をたくさん抱えた殿方をロシア中で見かけることができるでしょう(まあ、がんばってください)。


※ちなみにバレンタインデーはソ連時代にはありませんでした。最近は学生たちの間でおこなわれているみたいです。男女関係なく、恋人同士でハート形のおもちゃとかお菓子とかをプレゼントしあったりするそうです。


というわけで、トップのカードは、国際婦人デーのためというわけで、ロシア女性を象徴するマトリョーシカが描いてあるのです。



card0308_02.jpg

これも国際婦人デーのためのカード(1987年)。
ロシア版「熊のプーさん」が女の子にお花をプレゼンしています。
posted by シュト at 18:59| Comment(3) | TrackBack(2) | ロシアの風習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

ロシアのクリスマスについて

ロシアのクリスマスは1月7日です。

正確にいうとロシア正教のクリスマスが1月7日です。

なぜ12月25日ではないかというと、ロシア正教は現在世界標準となっているユリウス暦ではなく、グレゴリウス暦を採用しているためなのです(ロシア革命前はロシア全体がそうでした)。

ですから12月25日は、普通の日です。特別にお休みにはなりません(今年は日曜日だからお休みですが)。まあ、節操のない人は両方のクリスマスとも楽しんじゃうようですが。

しかし、正教のクリスマス自体もロシア人全体がお祝いしているわけではないんですよね。教会に行くのは敬虔なキリスト教徒だけではないでしょうか。ただ、お正月からずっと連休になるところが多いので、みんなお祭り気分であることは確かです。長い場合は旧暦の正月である1月14日くらいまで浮かれてます。

ロシアではもみの木は実はクリスマスのためのものというよりも、新年のお祝いの飾りです。12月になると街のあちこちの広場にでっかいもみの木が飾られます。様々なイルミネーションで飾られていて楽しいです。ロシアのサンタクロースといわれているジェットマロースも新年にやってきます。プレゼントもこのときに交換されます。

実はロシアで1番盛り上がるのはこの年越しなんですね。普通は家族で集まってパーティーとかするみたいですが、若い人たちは赤の広場に集まってシャンパン抜いて、爆竹ならしたりして騒いだりします。テレビでは大統領が新年の挨拶をします。

もみの木は1月15日くらいまで飾られています。もみの木が片付けられるとやっと街は日常に戻る感じがします。なんか日本の松飾りの扱いと似てるなと個人的には思っています。
posted by シュト at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシアの風習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。